頑張らなくてもできる洋服の減らし方で、目指せ!ちょうどいいクローゼット


おはようございます。
賃貸2LDK集合住宅に住む共働きライフオーガナイザー金田友美です。

一目惚れして購入したのに全然着なかったり、「まだ着られる!」と言いながらも隅に押しやって見て見ぬふりしたりなど、思い入れがあるだけに、洋服を減らすことって難しいことですよね。かつての私は、パンパンのクローゼットを開いては「着る服がない」と毎日嘆いていました。

その後、増やしたり減らしたりを繰り返し、現在は自分にとって「ちょうどいい感じ」になりました。本日は自分にとってちょうどいい量にするための、無理しない洋服の減らし方について紹介します。

頑張らなくてもできる洋服の減らし方で、目指せ!ちょうどいいクローゼット

■ 「まだ着られる服」を手放す2つの小さな行動

洋服を手放すときに悩むのが、「まだ着られる服」。もう着ない服だとわかっていても、もったいなくてなかなか手放せないですよね。 とはいえ限りあるスペースのクローゼット、着ない服をとっておくわけにはいきません。

そこで、迷った場合のルールとして、「来週親戚と会うときに着るワンピース」「来月保護者面談に来ていくジャケット」など、まずは明確に「着る予定がある服」だけを残しました。

頑張らなくてもできる洋服の減らし方で、目指せ!ちょうどいいクローゼット

さらに、着る予定がないけれど手放しがたい服は、数日以内に「着る日」を作りました。すると、やはり無意識に避けていただけあって、着心地が悪かったり、劣化していたり、着ても気分が上がらない洋服がほとんどでした。

この2つの行動で、まだ着られる服のほとんどを「もう着ないな」と、素直に手放すことができるようになりました。

■ お手入れが面倒な洋服は潔くあきらめる

丁寧な手洗いや、アイロンがけ必須な洋服。見た目も好きだし、着たら気分も上がるはずなのに、お手入れが面倒で、気がついたらどんどんクローゼットの隅に追いやられていることありませんか?

購入時には素敵なデザインにテンションが上がって、「大丈夫!きっとできる!」と思っていたけれどだんだん……、という私のような方は要注意(笑)。

アイロンも手洗いもできるだけ避けたい私は、潔く手放しました。

頑張らなくてもできる洋服の減らし方で、目指せ!ちょうどいいクローゼット

今はアイロン不要、洗濯機で洗える洋服を基準に、好きな洋服を選んでいます。現在持っているアイロンが必須な洋服は、仕事で必要な白シャツ1枚のみになりました。

■セールのときに思い出したい言葉は「定価でも買う?」

「着ない服」「お手入れ難度が高い服」を手放すと、つい新しい洋服が欲しくなるもの。けれども、ここでやみくもに気に入った服を買ってしまっては、無限ループの繰り返し。特にセールのときは浮き足立って、つい買いすぎてしまい、あとで我に返るという苦い経験を何度もしました。

そこで、ネットやお店で欲しい洋服を見つけたときは、必ずひと呼吸おくように心がけています。カートに入れて、一晩考えたり、お店の場合は数日後に行くことも。

頑張らなくてもできる洋服の減らし方で、目指せ!ちょうどいいクローゼット

そして「定価でも買う?」「着る予定は?」と自分に問いかけて、クローゼットのこやし化防止を心がけています。

洋服の片づけアイデアはこちらも参考に:

500着を80着に!元・手放せない私が洋服を手放すために決めた3つの基準

実践!片づけ収納ドットコムを参考にクローゼットの洋服を見直ししてみました

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 金田友美
ブログ : it’s cozyわたしのすきなくらしかた


クリスマス