ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

おはようございます。
ライフオーガナイザーの門傳奈々(もんでんなな)です。

子どもが小さい頃に着ていた洋服をなかなか手放せずにいます。もう着られないとわかっていても、その洋服を見るだけでたくさんの思い出がよみがえるからです。

ただ、捨てられないからといってクローゼットにしまいっぱなしでは、洋服の存在を忘れてしまいます。ミシンを使わずに、ハサミとボンドなどで簡単にリメイクしてみたら、思い出のつまった洋服を目に見える形で残すことができました。

ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

■ミシンなしでリメイクしやすい素材とは?

ミシンを使わずに子ども服をリメイクするには、素材選びが大切。リメイクしやすい素材を選ぶとやりやすいです。

ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

リメイクに向いている素材は、綿素材のシャツやブラウス、薄手のTシャツやワンピース。切ったり貼ったりしやすいものを選ぶとリメイクの幅も広がります。

■フレームサイズに合わせて切ってはめるだけのリメイク

このリメイクは、ハサミで生地を切り取るだけで完成します。洋服をフレームサイズに合わせてカット。それを写真フレームにはめるだけです。

ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

その洋服を着た子どもの写真を一緒に飾れば、思い出も鮮やかによみがえります。

■生地を丸く切ってくるむだけのくるみボタンにリメイク

写真フレームで使用した洋服を、くるみボタンにリメイクしました。

ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

サイズ違いで作ると、用途も広がります。ゴムを通してヘアゴムにしたり、ボタンの裏にマグネットをつけるとマグネットにもできます。

■生地を切って貼るだけのオリジナルマイバッグにリメイク

長女と次女が着たTシャツをマイバッグにリメイクしました。

ミシンなしでできる! 捨てられない子ども服のリメイクアイデア3つ

Tシャツを好きな形や大きさに切り取り、布用ボンドで無地のマイバッグに貼り付けるだけ。世界にひとつだけのオリジナルマイバッグのできあがりです。

子どもの洋服は愛着もあり、捨てられないもののひとつです。リメイクして暮らしの中に溶け込ませてみると、いつでも目にすることができるようになり、嬉しい気持ちになります。

次は捨てられない自分の洋服をリメイクしてみようと思います。

洋服のリメイクや子ども服の手放し方はこちらも参考に
“捨てられない”衣類やハギレは、簡単リメイク・家事ラクアイテムとして活用しよう
中古でもニーズがある!? 子ども服をヤフオクで売るときに気をつけることは?
“捨てられないもの”は再利用で解決!好きなものをとことん使う方法

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 門傳奈々
ブログ : 暮らしにもっと「いいね!」を。

メンバー紹介
手放し先リスト
雛人形の収納