扉の中ならラベルは不要!見える収納でラクラク


扉の中ならラベルは不要!見える収納でラクラク

おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。
「上手に片づけるためには、ラベルが有効!」

片づけの本などでよく見かける言葉です。
もちろん、正解!
でも、すべての人に当てはまるかと言うと、そうではないかも。

とにかく面倒くさがりの私。「わざわざラベルプリンターでラベルを作ることすら面倒!」なのです。
目に見えるところがゴチャゴチャしているのは好きではありませんが、ひとつ扉を閉じた場所なら、少しくらい色が氾濫していてもOK。なので、廊下にある収納は、わりと雑然としています。

扉の中ならラベルは不要!見える収納でラクラク

市販製品の箱をそのまま使っている物だって、あります。
最上段は、主に衛生用品を収納。薬箱やマスク等がありますが、その箱にラベルは貼ってありません。

扉の中ならラベルは不要!見える収納でラクラク

左は薬箱。
右の下段はブリーズライト(鼻孔拡張テープ)。
上段はバンドエイドなどの傷治療薬。

あえて、商品パッケージを外に向けて入れています。ひと目見ただけで、何が入っているのかが分かりますよね。
大切なのは、異なる種類のアイテムを入れてしまわないこと。別のアイテムを入れてしまうと、その途端に行方不明に!これは、ラベルが貼ってあったとしても同じですね。

扉一枚隔てた場所では、見える収納もOK。探し物をすることもなくなり、簡単に片づけられます。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 白石規子
ブログ:シアワセの法則