いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”


おはようございます。
ライフオーガナイザーの白石規子です。

いよいよ夏休み到来!
旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。今日は、わたしが旅行に行く際にしている“小さな工夫”をお伝えします。

いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”

■持ち込み荷物を減らしたい!から、化粧品は小さく

長時間のフライトでは、眠りたいし、リラックスしたい。なので、機内ではすっぴんが基本です。ただし、空港に行くまでの日焼けは心配なので、軽いメイク程度に。時間があれば空港内で、なければ機内でメイクを落とし、家と同じようにスキンケアをしています。

いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”

このときのローションは、ボトルに詰め替えたり、サンプルを持参してコットンに含ませるのではなく、家からコットンにローションを含ませ、ジッパー付き袋に入れて持参。そのまま使って、そのままゴミ箱へ!荷物も減るし、動作や手間も少ないので、気に入っています。

さらにクリームは、1回分をラップに包んで持参。サンプルだと2回分程度入っていることも多く、使いかけをどうしていいものか困ってしまので、編み出した方法です。

■海外で割り箸はもらえません! だから持参

旅行に行っても、外食ばかりとは限りません。美味しそうなものがあったら、滞在先の部屋で食べたい!そんなとき、お店でカトラリーがもらえればいいのですが、もらえないことも多くて。また、海外の場合、ナイフ&フォークが基本なので、お箸がもらえることはほとんどありません。

いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”

そこで、100円ショップで購入したカトラリー類と、いつかもらった割り箸を持参。わが家では、旅行時のためにだけ、割り箸をとってあります。「やっぱり箸って便利!」と実感する、日本人。

コンドミニアム滞在ならナイフ&フォーク等はついているので、割り箸だけ持参することも。調理の際の菜箸にもなるので、重宝します。

■ラップがあれば、液体&クリームの困った!も解決

コンドミニアム滞在が多いわが家が持参するのが、ラップ。余った食事や食材の保存用としてはもちろん、それ以外にも使えるのです。

いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”

お土産で購入したローションなどが、液漏れしていたこと、ありませんか? わたしは、あります。

そんなとき、ラップを切ったものをはさんでから蓋をすると、中身が漏れないのです。ローション、ハンドクリーム、シャンプー類……、なんでもOK! 心配なときは、さらにジッパー付き袋に入れると、より安心です。

いつもの旅をちょっと便利に。旅行アイテム“3つの工夫”

いつものアイテムに小さな工夫をすることで、便利に、楽になりますよ。
今年の旅行が、思い出深い、すてきな旅となりますように。

旅行のときの一工夫についての記事:
心配性の旅支度には欠かせない! ジッパーつき収納袋で安心感ゲット
“ひとまとめ”がポイント! 短時間で旅支度をするコツ

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加お願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 白石規子
ブログ : シアワセの法則