「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫


おはようございます。
ライフオーガナイザーの東風平美穂です。

以前、洗面台の鏡裏の収納をオーガナイズしたときに、メイクグッズをセット化し一カ所にまとめることでアクション数を減らすことに成功しました。
>>>洗面台の鏡裏収納のオーガナイズ、使い勝手が抜群に良くなった理由とは?

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

そのメイクグッズも、使っているうちに毎朝ささいなイライラがあることに気づきました。そこで、家にあるこのような文具で工夫をしてみることに。

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

ちょっとした工夫でしたが、イライラが減って朝の身支度がスムーズに行えるようになりました! イライラの原因と、その解決のための工夫をお伝えします。

■イライラその1 「出すぎる」リキッドファンデは小分けに

私はプッシュ式のリキッドファンデーションを使っていますが、ワンプッシュで出てくる量が多すぎたり、逆に足りなかったりと微調整が難しく、一度で適量を出すのは至難の業です。

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

旅行に行くときに、極小のクリームケースに入れて持って行ったところ、これが思いのほか快適! スパチュラで取り出せば、量の微調整はかんたんにできますし、手のひらにべったりつくこともありません。それ以降、日常的にクリームケースに小分けして使用しています。

■イライラその2 「間違える」問題には目印を

ペンシルタイプのアイブロウとアイライナーの取り間違い、同じガラスびんに入れたパウダーファンデーションとチークは、上から見ると見分けがつかない。この問題には、ライターの森麻紀さんの記事を参考に、小さなシールを貼って目印を付けました。
>>>「どこ?!どっち?!」場所に迷う小さなイライラは、丸シールで解決!

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

また、わたしが使っているビューラーは、方向を間違えるとケースにしまうことができないタイプのものです。

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

方向を確認することが毎回地味に面倒でしたが、マスキングテープを使って印をつければ、いちいち考えなくてもすんなりしまえるように。

■イライラその3 「動く」ものはひっつき虫で固定

メイクで使うものは、「無印良品」のポリプロピレンメイクボックス・1/2横ハーフに一式をまとめています。立てて置きたいものは、透明の四角いケースを入れて仕切っていますが、取り出す際にカタカタと動くのが気になります。「コクヨ」のひっつき虫というソフト粘着剤で、仕切りの底とメイクボックスを固定させれば、ピタッと安定しました。

「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

リキッドファンデーションを適量取るときに使う、小さなスパチュラは、置き場所に困っていました。これもひっつき虫でボックス側面に固定。定位置が決まり、使うときは手に取りやすく、しまうときもペタっとくっつけるだけなので、出し入れが楽になりました。

小さなイライラも、積み重なると大きくなってゆくもの。気づいたときにその都度対処して、快適な暮らしを目指したいですね。

メイクグッズの収納はこちらも参考に:
片づけのプロ8人に聞く!「愛用コスメとメイク用品の収納」いくつ持ってる? どう収めてる?(前編)
片づけのプロ8人に聞く!「愛用コスメとメイク用品の収納」いくつ持ってる? どう収めてる?(後編)
時短になる?!ドレッサーに収めるスキンケア&メイク用品の収納法

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINE@のご登録はお済みですか?
最新記事や友だち限定のお得な情報をお知らせします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 東風平美穂(こちんだみほ)
ブログ : ココチイイコト~自分の好き♡と出会うくらし方~