メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

おはようございます。
ライフオーガナイザーの南方佐知子です。

毎日のメイクは、なるべく簡単に時間をかけずにできたらいいなと思っています。肌にもやさしく、シンプルなメイクにたどり着いた、私のメイク用品選びの基準と収納を紹介します。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

■メイク用品は、“せっけんで落とせるもの”を使用

数年前に少し肌荒れがあったことをきかっけに、メイク用品を見直してきました。今はなるべく肌に負担をかけないように、低刺激のものを選んでいます。一口に低刺激と言ってもいろいろあるので、私は“せっけんで落とせるもの”を基準にしています。

身近な場所で購入できたら便利なので、日焼け止め「ノブUVシールドEX」化粧下地「ノブベースコントロールカラーUVラベンダーピンク」を近所のドラッグストアで購入しています。買いたいときにインターネットよりも早く手に入るので助かります。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

ファンデーション はいろいろお試し中なのでネットで購入しています。今は「アクア・アクア」の「オーガニッククッションコンパクト」「オーガニックフェイスパウダーUV」「エトヴォス」「タイムレスシマーミネラルファンデーション」などを使用中です。

エトヴォスのほうは化粧下地不要なので、さっと出かけたいときに便利です。チークもせっけんで落とせる「エトヴォス」の「ポンポンミネラルチーク」を使っています。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

■収納は、メイクの道具とファンデーションで分ける

洗面所でメイクをするので、メイクセットは、洗面台の一番上の引き出しに収納しています。よく使うものなので、いちばん取り出しやすい引き出しが便利です。手前側は娘のコーナーにしていて、奥側に私のメイク用品を入れています。
>>>洗面台まわりの収納に迷うときは「使用頻度」が鍵!「使う人」も組み合わせるとスムーズに

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

あまりこまかく分けず、2個の収納ケースを使用しています。一つには、日焼け止めと下地、ファンデーションを、もう一つには、ビューラー、眉ペン、ハサミ、ブラシなどの道具類をまとめています。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

ザックリ収納なので、使った後に収めるのが簡単です。

■お出かけのときには、家にあるチャックつきの袋が便利

宿泊やお出かけに持ち出したいときには、キッチンでよく使うジップロックの袋を使用しています。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

袋は、使った後ひどく汚れていなかったら繰り返し使うので、折りたたんで収納ケースと引き出しの隙間に入れ込むように収納しました。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

家に戻ったときにメイク用品を袋から戻す時間がなかったら、ジップロックの袋のまま引き出しへポイッと置きっぱなしにしています。メイクするときには必ず袋から出すので、使ったあとは自然と収納場所に戻ります。

メイクのめんどくさいを解消! “選ぶ基準”を決めたら、肌にやさしく収納もコンパクトに

メイク用品の選ぶ基準を決めたことで、迷わず選べるようになりました。厳選するとたくさんの種類を求めないので、収納場所もコンパクトに収まり、片づけが簡単で快適です。

メイク収納のアイデアの記事はこちらも参考に:
片づけのプロ8人に聞く!「愛用コスメとメイク用品の収納」いくつ持ってる? どう収めてる?(前編)
片づけのプロ8人に聞く!「愛用コスメとメイク用品の収納」いくつ持ってる? どう収めてる?(後編)
「出すぎる・間違える・動く」毎朝のメイク時のイライラを、スッキリに変える3つの工夫

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 南方佐知子
ブログ : 古くても狭くても一緒に見つける家ごこち

メンバー紹介
手放し先リスト
雛人形の収納