「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!


おはようございます。
ライフオーガナイザーの吉川圭子です。

みなさんは洗濯、好きですか?

私はあまり好きではありません(苦笑)。特に、”干すときのシワ伸ばし”と、”たたんだものをしまう”のが面倒です。

後者の”たたんだものをしまう”は自宅の間取りの関係もあってしょうがない部分があるのですが、前者の”干すときのシワ伸ばし”は干す前にあるひと手間を加えることでだいぶ楽になりました。

■やり方は簡単!洗濯物をざっくりたたんで重ねるだけ

そのひと手間とは『干す前にたたむ』。自分の手で力を加えてシワを伸ばすのではなく、服自体の重みでシワを伸ばすという方法です。

「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!

こんな感じで、わが家では平干しできるハンガーにすべての洗濯物をたたんでおきます。あとは普通にハンガーに干すだけです。

「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!

■服の重みと、時間をうまく利用してシワを伸ばす

やり方、というほどのことでもないのですが(汗)、実際にどうやっているかをご紹介します。

まずこちら。洗濯が終わった状態です。

「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!

一般的にはこの状態(もしくは洗濯かごに移したあと干し場に移動して)から、一枚一枚シワを伸ばしながら干している人が多いのではないでしょうか。

私の場合は、まず洗濯機から取り出すときに軽くふりさばき……

「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!

ざっくりたたみます。衣類の大きさにもよりますが、たとえば写真のような T シャツなら二つ折りで十分。

「洗濯物のシワを伸ばすのがめんどくさい!」は干す前の”ひと手間”で自然にラクに解決!

どんどん積み重ねて置き、全部重ねたらしばらく放置します。この方法は洗濯物の重みでシワを取るため、『シワになりそうな素材のものからたたむ』のがコツです!

放置している間に別の家事を済ませるのも良し。実は私は、寝る前にこの状態にして朝起きてから干すときもあります(汗)。ぬれたまま一晩放置だとにおいが気になるところですが、干す気力がないときは「洗濯機入れっぱなしよりはマシ!」と割り切ってます。

■小さなストレスを見逃さないことで暮らしが楽に

冒頭にも書いた通り、私は”干すときにシワを伸ばす”作業が「めんどくさいなー」と感じるタイプです。

ハンガーに干しているときの腕を斜め上にあげている姿勢って、地味な動作のわりに意外と体に負担だったりします。この方法にしてからは”ハンガーにかけながらしわを伸ばす”動作が少なくなったので、干すときのめんどくささが減りました。

とはいえ、今回ご紹介した方法は、洗濯物のシワを伸ばすのに自分の労力はかからないけれど、そのぶんシワが伸びるのを待つ時間がかかります。洗濯はいろんな工程がありますから、できるだけ早く終わらせたいとか、何度も洗濯機置場に行くほうが面倒な方にはおススメしません。

暮らしの中の自分にとっての小さなストレスを見過ごさず、それをなくすためにはどんな方法がいいのか考える。暮らしを楽にするのは、そういった小さな工夫を積み重ねていくことなのかもしれませんね。

「洗濯をもっと楽にするための小さな工夫」はこちらにも:
子ども4人のズボラ母が実践!タオルハンガーで時短&楽できる子ども服の干し方
ピンチハンガーが面倒くさい!人のための、洗濯物干しが楽チンになる時短テク
洗濯物が片づく! 家事シェアストレスも解消?! タオルやふきんをたたまず、しまわない仕組み

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINE@のご登録はお済みですか?
最新記事や友だち限定のお得な情報をお知らせします。

友だち追加

ライフオーガナイザー吉川圭子
ブログ:整理収納手帖