【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

「片づけなんてめんどくさいし、何も困ってないし、時間があるなら遊びたい!」と大半の小学生高学年男子はきっと思っているはず! そんな高学年男子たちとオーガナイズをしました。

■“かたづけ自由研究ワークシート”の手順にそって進めるだけ

使ったのは、日本ライフオーガナイザー協会の「片づけ脳力検定ウェブサイト」にある“かたづけ自由研究ワークシート”です。

(画像は「片づけ脳力検定ウェブサイト」より引用)

用紙をダウンロードしたら、カメラ・画用紙・のり・ハサミ・筆記用具を用意し、手順にそって進めていきます。

■手順は「書き出す」「片づける」「まとめる」の3ステップ

ステップ1:書き出す

片づける場所や困っていることを書き出していきます。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

初めはなかなか出てこないものです。そんなときは「この消しゴムってすぐ取り出せるん?」「この鉛筆短すぎてめっちゃ持ちにくくない?」など声をかけると、「そうやな〜、定規が多くてじゃま」「コンパスの針のキャップがどっかにいって針が刺さる〜」「ボールペンの割れた部品も手に刺さる!」など、「困ってるを通り越して危ないやん!」なんてことまで出てきました。

ステップ2:片づける

中身を一旦全部出し、使う・使わない・迷う・いらないなど4つに分けたら、出し入れしやすいように戻していきます。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

分ける作業では、子ども同士で「これは?」と聞きながら進めていました。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

ステップ3:まとめる

工夫したところや大変だったことなどをまとめたら、ワークシートを切りぬいて画用紙に貼りつけていきます。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

普段なら「こんなん、めんどくさーい!」となりがちな高学年男子も、友達と一緒なら画用紙の色を選ぶところからノリノリです。タイトルは3人で考えて「かたづけオーバーチャレンジ」に決まりました。

■どう変わった?筆箱オーガナイズビフォーアフター

結果、どう変わったかというと、片づけ前はこちら。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

そして、片づけ後がこちら。

【実録】“片づけなんてめんどう!”と思っている小学生高学年男子の楽しい筆箱オーガナイズ

見た目にはあまり違いはありませんが、
・使っていないものを減らし鉛筆を取り出しやすくした
・鉛筆にはキャップをし、筆箱が汚れないようにした
・定規は横のポケットに入れてすぐに取り出せるようにした
・ボールペンの割れた部品が手に刺さらないように筆箱から出した

と、こんなふうに変わりました。

あれから数カ月たち、実は先日「筆箱どうなってる〜?」と見せてもらいました。すると、一度芯を出したら叩きつけないと戻せないらしいボールペン、縦半分に割れた鉛筆のキャップ、壊れたボールペンの金具が埋め込まれた消しゴムなど、「なんでこうなる!?」と笑うしかない筆箱に戻っていました。

けれどももし、本人にとっての“困った!”が出てきたら、今度は自分でオーガナイズできるはず!と母は信じています。

男子の片づけに関する記事はこちら:
「男子プリント整理」これならできた!分ける作業の労力と時間をかけない整理法
小学1年男子でも、洗濯物を自分でしまえる!衣類収納の仕組み
「片づけなさい」では伝わらない!『男の子が ひとりでできる「片づけ」』本日発売!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINE@のご登録はお済みですか?
最新記事や友だち限定のお得な情報をお知らせします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 前田梨絵
HP : 壁紙から始める新しい暮らし