子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に


おはようございます。
ライフオーガナイザーの佐藤美香です。

家で過ごす時間が増えると、気になるのが、家の中のいろいろな汚れ……。特に、掃除で解決することのできない家具の汚れは、「仕方ない」とあきらめていませんか? 簡単なDIYで解決できることもあります。子どもでもできる椅子の座面の張り替えについて、ご紹介いたします。

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

■準備するのは、タッカーと布の2つだけ

子どもが3人いるわが家、何かと汚れるのがダイニングで使っているベンチの座面。食べこぼしも拭き取りやすいように合皮のものを選んだにも関わらず、ボールペンや油性ペンのインク汚れに、布に亀裂まで入る始末……。もともと高い商品ではありませんが、とても使いやすくて気にいっているので、座面の汚れのために処分する気にはなりません。

そこで、座面の布を張り替えることにしました。

張り替えのために準備するのは、2つだけ。
タッカー:100均でも購入可能(200円商品)
好みの布:座面分だけあれば良いので、私はハギレコーナーで調達

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

手軽に揃うものなので、取りかかりやすいです。作業自体も簡単なので、長女と次女の2人にお願いしました。

■解体も意外と簡単。ドライバーがあればOK

ベンチを裏返し、座面と脚を離します。わが家のベンチは、プラスドライバーのみで外れました。

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

見えづらい部分はスマホのライトで手元を明るくしながら外していました。時代ですね。座面と脚を離したら、タッカー(もしくはホッチキス)の後部についているリムーバーを使って金具を取り、汚れた布をはがしていきます。

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

■布をピンと張る作業は2人で行うのがおすすめ

新しい布を張る作業は、2人がおすすめ。もちろん1人でもできますが、1人が片側を引っ張って、もう1人がもう一方を引っ張りながら打ち込むと、シワがよらずに打ちこむことができます。

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

バチンと大きな音がするので、最初はビックリするかもしれませんが、娘たちは小学生の頃から使っているので、私より慣れた手つきです。

■自分でやるからこそ!思い出の布でオリジナルに

裏面には、もともと張ってあった黒い布をはがし、思い出の布を使いました。結婚したときに新居の準備を手伝ってくれた友人がくれたもの。当時の家に合うように紅茶で染め、鏡のカバーに使っていましたが、鏡を割ってしまい使わなくなりました。けれども、この布を見ると、暗かったキッチンに明るい色のカッティングシートを貼ったり、玄関が殺風景だからと絵を書いてくれたり、当時の友人との楽しかった時間がよみがえり、手放すことができませんでした。

子どもでもできる!簡単DIYで汚れた家具をきれいに、お家時間を快適に

普段見えない裏面ですが、掃除などで動かすとチラッと見えるのが、自分だけの楽しみになっています。

手をかけずとも、安価でものが手に入る時代。思い出の品も、大切に保管するという方法もあると思います。ですが、手をかけることで愛着がわき、使うことで楽しい思い出に度々触れることができる、そんな楽しみ方もいいですよ。

子どもでもできる簡単リメイクは、こちら:
【100均DIY】セリアのリメイクシートで、手軽に部屋の雰囲気を変える
大切な人との思い出は、“リメイク”をして伝えていく
捨てたくないTシャツをリメイク! 縫わずに、かんたんかわいい“フラッグガーランド”を作ろう

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 佐藤美香
ブログ:愛家


タオルの収納と管理