ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう


おはようございます。
ライフオーガナイザーの森麻紀です。

子どもが小さい頃には、「ごっこ遊び」にも大活躍だったぬいぐるみ。子どもが少し大きくなると、「捨てられないからただ置いてあるだけ」という状況の家も多いのではないでしょうか?わが家では、小さい頃から、ごっこ遊び以外にもいろいろと活用してきました。現在小4になった娘のいるわが家でのぬいぐるみ活用法をご紹介します。

■捨てられないアクセサリーを身につけてもらう

もう使わないけどもったいなくて捨てられない、気に入っている、思い入れがある、といったアクセサリーはありませんか? わが家ではそれらをぬいぐるみにつけています。そしてたまに付け替えたりもするので、着せ替え人形みたいで楽しいです。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

今のところヘアアクセサリーばかりですが、もちろんネックレスなども首にかけやすいのでオススメ。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

洋服を着ているタイプのぬいぐるみなら、ブローチやバッジなどもつけられます。子どもの幼稚園時代の名札をつけてもいいかもしれません。

■行事に参加してもらう&季節のディスプレイにする

わが家はひとりっこということもあり、2月は鬼のお面をかぶって豆まきに参加してもらいます(当てるのはかわいそうなので、鬼ですが投げる側です。笑)。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

5月になると、かぶとをかぶり、12月には赤い帽子(たまに他の色のサンタ帽のときも……)をかぶります。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

写真左)こいのぼりは、幼稚園の頃の作品を画用紙に貼ったもの
写真右)赤いリボンの小さなプレゼントは、レゴブロックで作ったもの

■一緒に子育てに協力してもらう

手指の消毒をしてほしい時期でも、親が言わないと子どもはついつい忘れてしまいがち。そこで、(その時にいちばん)大好きなぬいぐるみと一緒に置くことにしました。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

「この消毒液オススメなんだって。使ってあげてね」と伝えておくと、帰宅して手洗いうがいをしたら、リビングに来て、ぬいぐるみに「ただいま~」と言いながら、消毒してくれるようになりました。

子どもが発熱中には、体温計をぬいぐるみに持たせて運ぶと、熱があってつらいけど和むようです。

ただ置いて飾るだけじゃもったいない!ぬいぐるみをもっと活用しよう

そして、「よいしょ、よいしょ……。おっとっと!」と、落としてみたら大笑い。39度の高熱時に笑ったのはこの時くらい、というほどの効果でした。

なかなか処分しづらいぬいぐるみだからこそ、ぜひ、いろいろと活用してみてくださいね。

“本来の用途以外の活用法”に関する記事はこちら:
家の中の小さなイライラを解消!100均「クッションゴム」の意外な活用法
S字フックより使える?「カードリング」でできる、あんな収納やこんなワザ
使わないのはもったいない!! ケーキの型の意外で楽しい活用方法

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 森麻紀
ブログ : 今の暮らし これからの生活 ~「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~