歯磨き粉のいらない歯ブラシ「MISOKA」の実力とは? 2年以上愛用した実感レポート


おはようございます。
クローゼットオーガナイザーの柴田敦子です。

子どもが使う歯磨き粉の成分が気になり、安心して使えるものはないかと探していたら、なんと水だけで磨くことができる歯ブラシを見つけました。1本1,100円と、なかなかのお値段ですが、使い始めると、面倒だった歯磨きが毎日の楽しみになりました!プレミアムな歯ブラシ、「MISOKA」を使い始めて2年、その実力をお伝えします。

歯磨き粉のいらない歯ブラシ「MISOKA」の実力とは? 2年以上愛用した実感レポート

■水をつけて磨くだけでツルツルになる歯ブラシ「MISOKA」とは

「MISOKA」を見つけたのは、健康食品のお店でした。歯磨き粉も使わずにどんな磨き心地なのか気になり、試してみたのがきっかけでしたが、まんまと手放せなくなりました。水をつけて磨くだけで、とにかく歯がツルツルに。歯磨き粉をつけて磨いたときより、口の中がスッキリするのです!

歯磨き粉のいらない歯ブラシ「MISOKA」の実力とは? 2年以上愛用した実感レポート

ツルツルの秘密は、毛先にミネラルをナノサイズにしてコーティングし、表面に汚れをつきにくくさせる技術にあるそうです。
参考:「MISOKA」ホームページ

歯を磨いたあと、舌で歯を触ると、磨けていない歯の「ツルツル感」の弱いところが、「気になって仕方ない」と感じます。磨けていない部分がわかりやすいので、ついつい丁寧に磨きたくなり、磨き残しがなくなります。

■1本1,100円!それでもリピートして使いたい理由

1本1,100円ですが、15本まとめて買うと1万1,000円で、1本あたり733円で買うことができます。歯ブラシ1年分にしては高額ですが、洋服を1枚買うと思って、まとめ買いをしています。

歯磨き粉のいらない歯ブラシ「MISOKA」の実力とは? 2年以上愛用した実感レポート

夫は電動歯ブラシ派なので「MISOKA」は使っていませんが、中2と小6の息子たちも愛用しています。息子たちが歯磨き粉を使わなくなり、気になっていた歯磨き粉の成分問題が解決。洗面所が歯磨き粉で汚されることが地味に気になっていたのですが、それもなくなりました。

また、頻繁に必要だった歯磨き粉を買う回数が激減した上、歯磨き粉を切らしたくない気持ち、買いに行く時間と手間、ストックのスペースが不要になったこともメリットです。

歯ブラシのデザインもシンプルな無色透明で、洗面所がごちゃごちゃせず、気に入っています。派手な色合いが多くて、なかなか気に入るものがなかった歯ブラシの悩みも解決です。

私は、子どもの頃から歯があまり丈夫ではなく、3カ月に1回は歯石取りや、検診に歯医者に通っていたのですが、今は1年に1回のペースでも気にならなくなりました。私も息子たちも、この2年間は虫歯なし。プレミアムな歯ブラシですが、健康を手に入れられて、医療費を思えば高くないと感じています。

■面倒な時間がプレミアムな歯磨き体験の時間に

「MISOKA」を使い出して、ゆっくり丁寧に歯磨きをすることが日課になりました。とは言え、歯磨きをするだけの時間はもったいないので、毎晩湯船に浸かりながら、5分ほど磨いています。せっかちな私は、何もせず湯船に浸かることが苦手なので、歯磨きの時間にすることで、一石二鳥、至福の時間になりました。

息子たちの歯ブラシは、洗面所に置いていますが、私の分は脱衣所の洗濯機の上に置いています。お風呂に入るとき、必ず目に入る場所なので、忘れずにお風呂場に持ち込めます。

歯磨き粉のいらない歯ブラシ「MISOKA」の実力とは? 2年以上愛用した実感レポート

日用品の定番が見つかり、マイ箸、マイ枕のように、旅行や帰省のときも持って行くようになりました。毎日使うものの満足度が上がると、日常生活が楽しくなることを実感しています。

ライフオーガナイザーこだわりの日用品についてはこちらも参考に:

日用品のストックはどれくらい? 多めに持つものの条件と4つの購入パターンの使い分け

無駄遣いが減る!ストックの管理は、こだわり度でルールを分けるとうまくいく

「マスクや除菌グッズ、買いすぎた!」ストックの持ち方と使い方を工夫してみました

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 柴田敦子
ブログ:クローゼットから整える 余白のある毎日


鍋