スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に


おはようございます。
ライフオーガナイザーの中沢まみです。

季節が限定される「雪遊び」「⽔遊び」のグッズは、使⽤期間が少ないわりにかさばりますよね。わが家では、⼦どものものは学⽤品扱いで、シーズンになると幼稚園の準備コーナーへ移動し、⼀⽅で、⼤⼈のものやプライベート用は常に2軍扱いにしていました。

この収納法は、普段使いには困らないのですが、大人が雪かきのためにスノー⼿袋を出したり、夏に「⽔鉄砲を出して」と頼まれたりすると、意外に⾯倒……。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

そこで、「季節遊び」グッズは大人のものも子どものものもすべて完全⼊れ替え制にすることにしました。オンシーズンには「特等席」を準備したことで、快適に遊べるようになりました。

■使える時期が限られる「季節遊び」グッズはこんなにあった

今は冬なので「雪遊び」の季節です。福井県では、年によって雪の量に差はありますが、保育園・小学校などで使うスノーウェアや小物の準備が必須です。家族5人分のスノーウェアと⼩物を合わせると、かなりのボリュームになります。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

一方、現在オフシーズンの「水遊び」グッズは、現在1歳の息子を除く4人分。 ⽔着とタオル以外にも、サンダル・空気⼊れ・浮き輪類・⽔遊びグッズなど、意外と場所をとっています。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

■オンシーズンのもの:使いやすいクローゼットで

オンシーズンのものは、出し⼊れしやすい「特等席」へ。わが家では、階段を上がってすぐのホールにあるクローゼットに収納しています。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

⼦どもたちのものは下から3段めの⼿の届く場所に立てて収納。保育園や小学校にそのまま持っていけるように厚めのビニール袋で⼀⼈分ずつ管理しています。⼤⼈のもの(プライベートで使うもの)は、上から2段めに収納。必要なときにすぐ出し入れできるようにしています。使用後は乾燥させて同じように戻します。

屋内で使用することのないスノーブーツ・そり・雪かき道具は、オンシーズンは玄関周りで管理。オフシーズンになると屋外の倉庫で保管します。

■オフシーズンのもの:大きめのスーツケースに

オフシーズンのものは、寝室のウォークインクローゼットにある大きめのスーツケース内に収納しています。海外旅行用に購入したもので、現在はほとんど出番がなく、常に中に荷物が入っていても困りません。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

スーツケースに収納したことで、立てることができて省スペースに。荷物を入れたスーツケースは重いので、カバーをかけるのはちょっと大変ですが、入れ替えは年に2回だけなので手間よりも見た目を優先しています。

現在はオフシーズンの水遊び用品が入っています。ビニール製の子どものプールバッグ(写真左上)は中身を詰めて、形が崩れにくいように収納しています。来年長男の分を入れようと思うとモノの見直しが必要かもしれません。

スノーウェア・水着は入れ替え制が正解!オンシーズンには「特等席」を準備して快適に

季節ごとの入れ替え制にしたことで、シーズンが来る前に余裕を持って入れ替え&サイズを確認できるようになりました。一人分ずつなど袋にまとめているので、入れ替えるのも手間に感じません。雪が降っても、近所のお友だちにプールに誘われても、さっと準備ができます。

使える季節が限定されているものだからこそ、快適に&たくさん活⽤したいですね。

季節遊びグッズの収納についてはこちらも参考に:

【玄関収納】防寒グッズの置きっぱなし、床の水濡れを防ぐためにしている3つの工夫

冬の防寒着の収納はどうしてる? 雪国特有の期間限定のお悩みも、家族目線で片づけも気持ちもラクに!

着ないけれど捨てられない、思い出服と季節ものはスーツケースに収納がオススメ

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 中沢まみ
HP : 散らかり思考を片づけて、もっと私らしく生きる!|3 STEP DESIGN


メンバー紹介
手放し先リスト
衣替え