夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当


おはようございます。
ライフオーガナイザーの下川美歩です。

暑い夏のお弁当づくりって大変ですよね。衛生面に気をつけたり、食が進むメニューを考えたり。時間に追われると、朝から暑いキッチンで汗だくになることも。そんな夏のお弁当づくり、料理苦手な私の定番は、スープジャーを使った保冷シリアル弁当です。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

■夏こそ大活躍!保冷もできるスープジャー

わが家のスープジャーは、「サーモス」のもの。冬の保温調理に便利なイメージですが、保冷もできます。サーモスのサイトでは、冷製スープや麺類など、さまざまなレシピが紹介されています。保冷レシピのポイントは、「スープジャーに氷水(分量外)を入れ、フタをして3分ほど予冷すること」と、「保冷後は6時間以内に一度に食べること」。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

予冷と保冷時間に注意すれば、さまざまな食材を入れることができます。私の定番シリアル弁当は、予冷したスープジャーにヨーグルトとフルーツを入れて、シリアルを一緒に持っていくだけ。食べる直前にシリアルをスープジャーに入れてかき混ぜると、ザクザク食感で食べ応えのあるランチになります。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

■スープジャー保冷シリアル弁当の5つのメリット

保冷シリアル弁当には、たくさんのメリットがあります。

・食材を入れるだけで簡単にできる

食材さえ用意しておけば、あとは入れるだけ。お弁当づくりのハードルが下がります。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

・火を使わないからキッチンが暑くない

肉や魚介類、根菜類を入れる場合は下ごしらえの加熱が必要ですが、シリアル弁当は加熱する必要がありません。

・冷ます必要がないから弁当づくりが時短

一般的なお弁当では食材を冷ます時間が必要ですが、シリアル弁当なら予冷を入れても5分で完成します。

・しっかり保冷すれば傷む心配なし

一般的なお弁当では食材が傷まないように工夫が必要ですが、保冷すれば傷む心配がありません。

・冷たいから暑いときに食べやすい

お弁当が冷たいと美味しくないこともありますが、シリアル弁当なら美味しく食べられます。

■さらに時短!予冷の手間を省く3つのアイデア

保冷するには、食材を入れる前に予冷することが大切です。でも、「氷水を入れ、フタをして3分待って、氷水を捨て、水気を拭く」のは、ちょっと面倒。そこで、予冷の手間を省くアイデアを考えてみました。

・氷の代わりに冷凍フルーツを入れる

スープジャーに冷凍フルーツを入れて、フタをして3分待って予冷。ヨーグルトを入れたら、さらに冷凍フルーツをトッピングします。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

・スープジャー本体を冷蔵庫に入れる

スープジャーを使ったら、洗って乾燥させて、冷蔵庫へ。夏場はスープジャーの収納場所を冷蔵庫にしていけば、いつでも冷えた状態で使えます。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

・前日から冷蔵庫に仕込んでおく

しっとり吸水させて食べるオートミールは、一晩ねかせるオーバーナイトオートミールに。前日の夜、スープジャーの中にオートミール30g、ヨーグルト50g、牛乳100ml、オリゴ糖を入れ、混ぜたら冷蔵庫へ。朝になったら、冷凍フルーツを足すだけで、お弁当が完成します。

夏のお弁当づくりが簡単・時短に! スープジャーに入れるだけ保冷シリアル弁当

シリアルやヨーグルトを買い置きしておけば、手間なしでつくれる保冷シリアル弁当。この夏はいろいろなシリアルと冷凍フルーツの組み合わせを楽しんでみようと思います。

お弁当づくりに関する記事はこちらにも:
お弁当づくり歴20年! 忙しい朝でも慌てないための3つの秘訣
朝が苦手でも「ちゃんとやっている風」にお弁当づくりを続ける3つのコツ
時短&ラクチン弁当づくりの秘訣は、3つのことを『決める』!
もう悩まない!「ありもの」でつくる時短弁当づくりの3つのコツ
【お弁当箱の選び方は?おかずの決め方は?】毎日続くお弁当作りのストレスを減らす3つのヒント(片づけ収納ドットコムまとめ)

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 下川美歩
ブログ : 自分を変える、暮らしが変わる!


メンバー紹介
手放し先リスト
学習スペース