“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの原田ひろみです。

「まだキレイだし、いつかまた着るかも」と思うと、いつまでも手放せない洋服がクローゼットに置いたままになっていることはありませんか?

数年前の私は、洋服を手放すことができず、クローゼットにため込んでいました。手放せない悩みを解決するために、洋服を一枚ずつ見直しをしたときに気づいたこと、迷って手放せない洋服の管理方法など、私が取り入れている3つのことをご紹介します。

■“いつか着るかもしれない”洋服は実際に着てみる!

「まだきれいだし、もったいない!」と悩む洋服は、実際に着てみたり、客観的な意見をもらうことにしています。ハンガーにかかった状態で洋服だけを見ていると、着ていた頃の良いイメージばかりが先行してしまうのですが、実際に着てみると思っていたイメージと違ったり、一昔前だと気づくことができます。たとえば、9年ほど前に購入したこちらのワイドパンツ。

“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ

当時は、気に入ってたのですが、ワイドパンツの流行が終わり、細身のボトムが主流になると、はく機会がほとんどなくなってしまいました。「まだきれいだし…」そう思うと手放すことができず、5年近く着ないままクローゼットに置いてたのです。

洋服を一枚ずつ見直したとき、このワイドパンツを実際に着てみることにしました。試着してみると、「ちょっと古臭いかも…」と感じたものの、やはり迷ってしまい、思い切って仲の良い友人に実際に着ているものを見てもらうことにしました。すると3人の友人から口をそろえて、「そのスタイル、今はないわー」と言われてしまいました(苦笑)。その瞬間、「やっぱりそうだよね。もう手放そう!」と諦めがついたのです。

「まだきれいだから手放せない」とずーっと悩んでいたはずが、客観的な意見を聞いたことで納得して手放す決心がつきました。そのとき手放せない思いから解放され、気持ちがすっきりしたことを今でも覚えてます。それをきっかけに、私は迷ったときは実際に着て、鏡で確認することにしています。

■いつかやせたら着ようと思う服は1年間だけ保管する

年を重ねるにつれ体型も変化し、今まではいていたボトムがはけなくなることはよくありますよね。今まさに体型が変化し、この1年ではけなくなったボトムが数本ありました。あと少し痩せたら着れるような洋服が手放せないのは私だけでしょうか?(笑)

“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ

着られなくなった洋服は、1年間だけ保管して、もう一度着て無理だった場合は、いさぎよく手放すことにしました。「この服を着るために来年までに痩せよう!」とダイエットのモチベーションに繋がることもありますが、2~3年以上経った洋服はトレンドが変化していたり、もし痩せたとしても、そのときの体型にあった服が着たくなり、結局着る機会が減ってしまうんですよね。

無理して着ていても着心地がよくないと気分も上がらないので、「自分を素敵に見せてくれる洋服は他にもある!今の体型に合った洋服を選ぼう!」と思えるようになりました。

1年間保管しておく洋服は、ほかの服と混ざらないように収納袋に入れて引き出しのいちばん奥に分けて入れています。

“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ

■自分に無理なくできる手放すルールを決めておく

迷う服を1枚ずつ見直してクローゼットを整えたとしても、手放し方が決まってないと別の場所に置いたままになってしまうことってありませんか? 今までリサイクルショップへ持って行ったり、寄付やリサイクル回収したり、フリマに出してみたりと色々な手放し方を試してみましたが、自分に合った洋服の手放し方を見つけたことで手放すことへのハードルも下がりました。

私の場合、すぐに手放したいときは、気軽に利用できる地元のリサイクルショップや、自宅まで引き取りに来てくれる買取サービスを利用しています。

“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ

迷った洋服をすべてを手放しているわけではなく、一部残しているものだってもちろんあります。ただ、自分が無理なくできる洋服の見直し方や手放し方を見つけたことで、“迷う服”がクローゼットにたまることなく循環し、空間にもゆとりが生まれました。

いつか着るかもしれない服をため込んだクローゼットより、今自分が着たいと思う洋服、着ていて落ち着く服が並んでいる方がはるかに気分も上がり、心地よい空間になり、暮らしやすいことを実感しています。

“着ていないけど手放せない洋服”とうまく付き合う3つのコツ

洋服のリユースに関する記事:
“高かったから捨てられない”洋服は、捨てるのではなく「リユース」する
元アパレル店員のライフオーガナイザーがおすすめする賢いリユース活用法
捨てなくても必要としている人に届く!「ヤフオク」リユースで、家も気持ちもスッキリ
「時間を生み出すヒト・モノ・コト」古着deワクチン(前編)~捨てられない人必見!不要になった服を“人のために使う”仕組み

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 原田ひろみ
ブログ:クローゼットの片づけからはじめる快適な暮らし