夏の外出に便利なのは、“ビッグバッグ&少しの荷物”の組み合わせ


おはようございます。
ライフオーガナイザーの都築クレアです。

私のこの夏最大の発見は、「夏はビッグバッグに少しの荷物の組み合わせが便利!」ということです(笑)。ビッグバッグは「使いにくくて苦手」と思っていたところから一転、ヘビロテするようになった理由をご紹介します。

夏の外出に便利なのは“ビッグバッグ&少しの荷物の組み合わせ”

■“荷物の量=バッグの大きさ”は思い込みでした!

極力無駄なものは持ち歩きたくないタイプで、これまではバッグも荷物の量に合ったコンパクトなものを選んでいました。私にとってビッグバッグはあくまで必要な荷物がどうしても多いとき用。仕方なく使うという感じでした。

でもつい最近、色合わせだけを考えて白のビッグバッグを持って出かけたのです。荷物はいつものとおり少なめ。すると、閉じただけの日傘をそのまま入れられてものすごく便利じゃありませんか!

夏の外出に便利なのは“ビッグバッグ&少しの荷物の組み合わせ”

バッグが小さいときは、いちど開いた日傘は手に持ったままか、いちいち畳んでバッグにしまっていましたが、これなら差した後も邪魔にならないので、屋内と屋外を何度も出入りするときでもとても楽です。

やってみて初めて気づきましたが、別にビッグバッグに少しの荷物だけを入れていてもよかったんですね(笑)。

■変化!バッグの余裕が、お財布と心の余裕を生んだ

ビッグバッグに少しの荷物という組み合わせで出かけ始めて何が起こったかというと、水筒を入れていくようになりました!それまではコンパクトさ優先。出先で買う派でしたが、もったいないなとは思っていたのです(汗)。それにこの暑さ、いつでも飲めるというのは楽ですね。やってみると、「なんだ、私本当は水筒持って行きたかったんじゃん!」と気づきました(笑)。

さらに出先で買い物をしても、バッグに余裕があるので一つにまとめられますし、子どもの「これ持って!」にも前ほどイライラしなくなった気がします。バッグにたっぷりの余裕を入れてあるようで、なんだかあれもこれも楽に、快適になった気がしています。

夏の外出に便利なのは“ビッグバッグ&少しの荷物の組み合わせ”

■“定位置決め”でストレスいらずに

そんな中で一つ問題だなと思っていたのが、ビッグバッグの中で物が行方不明になること。底にあるものは見えなくなるので、すぐに取り出せずにイライラしたことがあったからです。

でも、そもそも少しの荷物にガバッと口が開くビッグバッグという組み合わせなら、すべて見渡せるので心配したほど困らないことがわかりました。

夏の外出に便利なのは“ビッグバッグ&少しの荷物の組み合わせ”

少し気をつけていることといえば、リップと鍵は必ず付属のポーチの中、パッと取り出したい水筒などは肩がけしたときちょうど手前にくる位置に入れておく、と簡単な定位置決めをしていることです。

夏の外出に便利なのは“ビッグバッグ&少しの荷物の組み合わせ”

これまでずっとビッグバッグはちょっと使いにくい、と思ってきましたが、それは“荷物の量=バッグの大きさ”という勝手な思い込みのせいでした(汗)。

この夏はどこに行くにもビッグバッグが大活躍しそうな予感です。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー都築クレア
ブログ:クレアの観察日誌「少し毒があります。」