【実録】知らずに大失敗!「引っ越し前にやっとけば良かった!」と後悔したこと


おはようございます。
ライフオーガナイザーの都築クレアです。

夫の転職によって関東に引っ越してきたわが家。今回はそのまま使えているものや手放して正解だったものなど新居のモノ選びをご紹介する予定でしたが、今朝はその前にどうしてもお伝えしたい最大の失敗についてお話しします。それは「引っ越し先の粗大ゴミの処分方法を調べておかなかったこと」。

>>>【実録】夫が転職で引っ越し!ハードスケジュールの物件探しの末に選んだカタチとは?
>>>【実録】夫が転職で短期の単身赴任!メリット・デメリットは?
>>>【実録】買取り総額3万円超!引っ越しを“手放しのチャンス”に変えた3つのポイントとは?

これをしなかったがために、次々とトラブルが起こり、引っ越し後も大変な目に(汗)。今回の失敗をいい教訓にすべく、残念な3つのエピソードをご紹介します。これを読んだ人は必ず引っ越し前には調べずにはいられなくなるでしょう(笑)。

■夫の“とりあえず買い”で、引っ越し直前にトラブル連続

最近では粗大ゴミの処分が有料化されている自治体も多いようですが、私たちの住んでいた市は月1回無料回収があったので、夫婦揃って認識が甘かったのが原因でしょう。

単身向けマンションで2カ月間一人暮らしとなった夫が、最初の週末に買い揃えたのは、想像を超える量の家具でした。新居ではレイアウトにあった家具を揃える予定だったので「手放すときのことを考えて、最低限必要なもので」とお願いしていましたが、この言い方が曖昧すぎました!仕事用のデスクに立派なオフィスチェアなどが揃えられ、人によって認識は違うんだったと痛感しました(汗)。

【実録】知らずに大失敗!「引っ越し前にやっとけば良かった!」と後悔したこと

今思えば、購入する前に粗大ゴミの出し方を一緒にリサーチしておくのが良かったと思います。

単身赴任で夫が仮住まいしていた区は、申し込み制、有料(シール制)。処分するとなれば「前もって手続きが必要で、かなり費用がかかる場合がある」と知っていたら、ここまで“とりあえず買い”しなかったんじゃないかと思います。

もはや後の祭り。どうなったかというと、退去日前日にリサイクルショップの出張買取りを依頼して引き取ってもらえず、慌てて粗大ゴミの申し込みをしたものの間に合わず、家具を解体して新居に送るしかなくなりました。さらに、当日だったため、大きなものは宅配業者に配送を断られ、急遽レンタカーを借りて自力で運ぶ羽目に。

慎重で心配性の私からすればツッコミどころは満載ですが(笑)、 “とりあえず買い”したがために、ここまでの労力とさらなる費用がかかることになるとは、思いもしなかったと思います。

■迷ったものを“とりあえず”引っ越し先へ。その結果は?

夫の話をしましたが、私も失敗しています。それは処分するかどうか迷ったものを“とりあえず”持ってきてしまったこと。

「新居では使わないかも」「買い換えたい」と思っていたものは処分してくる予定でしたが、直前で迷って、ついつい持ってきてしまいました(汗)。「やっぱり使わないとなれば処分すればいい」と思ったのですが、ここまで面倒で費用もかかると知っていれば、間違いなく手放していたと思います。申し込んでいた引っ越しゴミ(2トン車で運搬できる量以下5,000円)でまとめて処分してこれたのに本当に悔やまれます。

家族で引っ越した先の自治体の処分方法も、申し込み制で有料。30cm以上の金属製品、50cm以上の家具類などは粗大ゴミです。

【実録】知らずに大失敗!「引っ越し前にやっとけば良かった!」と後悔したこと

電話申し込みをすると、つい迷って持ってきてしまった照明器具は分解してカバー部分が500円、金属部分が200円、という形で、想像以上にこまかく、どんどん処分手数料が積み上がっていったので、整理後に改めて申し込むことにして慌てて電話を切りました(汗)。これまで申し込みいらず、無料で出すだけだったので、かなりのカルチャーショック。私も“とりあえず”の恐ろしさを思い知ったのでした。

■知らずに損したお得なサービス“ドライブチェックイン”

お気づきでしょうか? “とりあえず買い”で大変な思いをした夫でしたが、引っ越しのときは結局、不要な家具類を新居に移動させただけ。手放すにはさらなる苦労が待っていました(汗)。

新居で再び買取り業者に依頼するもまた断られ、粗大ゴミに申し込めば「その状態では処分できません。一度ダンボールから出して、机と椅子のセットに分け直して両方を紐でしばって……」と言われる始末。引っ越しのダンボールが次々と片づいていく一方で、不用品エリアはカオスという状態で、2週間が経っていました(汗)。

【実録】知らずに大失敗!「引っ越し前にやっとけば良かった!」と後悔したこと

結局、夫が最後に選んだのは、リサイクルショップへの持ち込み。処分費を払うことになっても、かかる手間と時間を考えると「1回で済む方がいい」ということで、再びレンタカーで出かけて行きました。

ここでも知らずに損をしたのが、カーシェア「タイムズカープラス」の“ドライブチェックイン”というサービスです。

対象施設を目的地に設定して車を借り、一定時間駐車するとプラスeチケット(電子優待券)がもらえて、施設によっては優待まで付いてくるというお得なサービスですが、知らずにもったいないことをしました(汗)。今回夫が持ち込んだブックオフ以外にも、コストコやIKEAのほかアミューズメント施設も対象なので、“必要なときだけカーシェア派“という方は知っておくと便利だと思います。

さて肝心の買取り結果は200円、支払った処分費600円、レンタカー代は2,400円。新居に運び込むためにかかった送料、レンタカー代もあるので、1つ5,000円〜1万円ほどで“とりあえず買い”した家具を手放すために、どれほどの費用、時間、労力がかかったことでしょう……。

新品が簡単に手に入るのは便利ですが、「手頃な価格で買えるから」と気軽に買うと本当にあとが大変ですね(汗)。「買うときは手放すときのことも考えとかなあかんなぁ」と言った夫の言葉は、少し重みが増したかなと思います(笑)。

【実録】知らずに大失敗!「引っ越し前にやっとけば良かった!」と後悔したこと

今回の数々の面倒の原因は、すべて「引っ越し先の粗大ゴミの処分方法を調べておかなかったこと」に尽きます。

頭をチラついたのに、引っ越しのバタバタで気力がなくそのままにしていたのですが、それでこれだけ大変な思いをすることになろうとは。もしこれから先に引っ越すことになれば、きっと何より先に粗大ゴミについてリサーチすると思います(笑)。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー都築クレア
ブログ:クレアの観察日誌「少し毒があります。」