100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの


おはようございます。
ライフオーガナイザーの吉川圭子です。

100円ショップというと、一昔前は「安かろう悪かろう」なイメージがありましたが、最近の100円ショップは違います。「安いから」だけでなく、見た目や機能性からもおすすめできる商品が増えてきましたね。

今回ご紹介する100均グッズはセリアの『整理収納仕切りケース』。

100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの

こちら、本家?無印の『高さが変えられる不織布仕切ケース』をしのぐ勢いの人気商品なんです。

■セリアと「無印良品」の仕様の違いは?

両者の仕様を比べたものを表にしてみました。

100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの

違い①:値段

まずはお値段が違います。
セリアは1枚入りで108円。無印は大きさによって値段が異なりますが、2枚入りで700~1000円弱です。無印の1/4程度で買えるのでリーズナブルですね。

違い②:サイズ

セリア・無印とも奥行は32cm程度、高さはセリアの18cmに対して無印のほうが少し高めの21cm。奥行と高さはそれほど違いはありません。

違うのは幅のサイズ展開で、セリアは22・15・12・9cmの4種類。無印は22.5・15・11cmの3種類です。

100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの

セリアのほうがサイズ展開が細かいので、組み合わせのパターンが多く、空間のムダもできにくそうです。

■実際に使ってみました!

本来なら全サイズ購入してレビューしたいところなのですが、さすが人気商品だけあってお店にあったのは靴下用とハンカチ用のみ。

ということで、この2種類を無印の『PPクローゼットケース引出式・小』の引き出しの中に使ってみました。高さは収納ケースに合わせて折り曲げます。

100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの

引き出しの内寸は幅38.5cmなので、この組み合わせだとゆったりめです。

組み合わせ方を変えたらもうちょっと入りそうなので、今度ほかのタイプも入手して試してみようと思います。

■折り曲げるタイプは広がりにくい

ちなみに、今まで使っていたのは無印の旧バージョンの『不織布仕切ケース』。最初はよかったのですが、使っていくうちに「うーーーん」と思うことがありました。

それは、型崩れしやすいこと。

100均セリアの『整理収納仕切りケース』が、コストも機能も優れもの

無印の現在販売されている不織布仕切ケースも、今回ご紹介しているセリアの整理収納仕切りケースもそうですが、折り返すことでふちの部分の強度が増すので広がりにくそうです。

実際の質感ですが、「100均は貧弱なんじゃ?」と思うかもしれませんが、むしろ硬いです。貧弱ではないので、その点はご安心ください(笑)(折り目をしっかりつけたいならクリップなどで留めておくといいかもしれません)。

いかがでしたか?
それにしても最近の100均は優れものが多いですね。

ほかにも100均グッズのおすすめを知りたい方はこちら:
セリアの「プルアウトボックス」は、キッチンのこまごまアイテムの収納にぴったり!
おしゃれ収納発見!100円ショップ・セリアで見つけたジッパーつきポリ袋のための収納グッズ
100均なのに機能的なシューズケースで、靴の管理がグーンとラクに!

100均アイテムをうまく使って、すっきり空間を手に入れてくださいね!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

ライフオーガナイザー吉川圭子
ブログ:整理収納手帖