掃除がラク!靴の持ち方に迷わない!「ニトリ」の「インボックスフタ」を使った靴収納


おはようございます。
ライフオーガナイザーで、現役会社員でもある手塚千聡です。

今日は、わが家の下駄箱で合計27点もある収納グッズについてご紹介します。

■掃除も靴の出し入れも、断然ラクになる!

わが家の下駄箱サイズは、幅78×奥行39(棚板の奥行29)×高さ168㎝。家族の靴をすべてしまっているほか、雨具や子どもたちの外遊びグッズなども収納しています。

ここで欠かせない収納グッズが、プラスチック製のトレー。靴1足につき1枚のトレーを使っているので、家族全員分で27枚あります。

トレーを使い始めたのは、下駄箱掃除をさぼるため(笑)。しょっちゅうではなくても、靴を全部取り出して、掃いて拭いてという掃除をするのが億劫だったのがきっかけでした。砂やゴミが気になるときは、ゴミ出しのときに、トレーから直接ゴミ袋にゴミを落とせば完了。トレーに置いておくだけで、簡単にそこそこキレイが保てるのが、この収納方法の大きな魅力です。

掃除がラク!靴の持ち方に迷わない!「ニトリ」の「インボックスフタ」を使った靴収納

下駄箱の扉を開けたら、サッと目的の靴を出し入れできるのも気に入っているところです。以前は買った時に入っていた靴箱や100均の浅いカゴを引き出しのように使っていましたが、箱の形状だと、出し入れのたびに箱ごと引き出すことがプチストレスに。端の立ち上がりが低いトレーに変えたら、靴だけを出し入れできるようになり楽ちんでした。今ではすっかりトレー収納が定着しています。

■スペースと数が決まったら、“靴の持ち方”も決まる!

このトレー収納、当初は掃除をさぼるためでしたが、今ではもうひとつ大きな効果を感じています。それは、“靴の持ち方”が決めやすくなったこと。まず“1足1トレー”とスペースをあらかじめ区切ることで、家族の靴がそれぞれ何足しまえるかが、おのずと決まりました。夫8足、私9足、子どもたちがそれぞれ5足というように。

さらに人別に割り振ると、制約がある分、その中で“どんな靴をいくつ持つか”を考えるようになりました。

私の9足の内訳は、仕事やお出かけ用の「ヒール靴」2足、きれいめの「フラットシューズ」3足、休日の普段履き用の「スニーカー」1足、運動用の「スニーカー」1足、そして冬の「ショートブーツ」1足、夏の「サンダル」1足です。どれも出し入れに億劫さがないので高い頻度で履きますし、特に不足も感じていません。

掃除がラク!靴の持ち方に迷わない!「ニトリ」の「インボックスフタ」を使った靴収納

※このスタメン靴9足のほかに、玄関に出しっぱなしのサンダル1足、下駄箱の取りにくい高い場所に箱に入れてしまっているマリンシューズと草履をそれぞれ1足ずつ持っています。

スペースをトレー9枚分と固定して以来、買い物をするときは、今持っている靴との置き換えが前提になりました。「黒のレースアップシューズはすごく重宝したけど、今のはかなりくたびれてしまったから同じタイプのものを買い換えよう」とか、「ヒール靴は今のスエードの代わりに今度はパテントにしてみよう」とかいう具合に。

トレーを使うだけで、自然と制約ができ、その制約のおかげで、靴の持ち方にも迷いがなくなりました。

「靴を何足持つのがいいだろう?」「今見つけた素敵な靴、買ってもいいかな?」「下駄箱からあふれた靴をどうしまおうか?」などと、靴にまつわる迷いごとや考えごとの多くを手放せました。日々自分の持っている靴を見渡せることで、今の私にとって使える靴、使えない靴がおのずとわかってくるという効果、よかったら体感してみてください。

■「ニトリ」の「インボックスフタ」を選んだ理由

この収納、トレー選びには紆余曲折がありました。靴箱から始まり、100均のカゴを経て、いくつかの100均を回ってシューズトレーに適当なものがないかを探す日々。ある時「ニトリ」で別の買い物をしていた時に「インボックスフタ・クォーターサイズ(旧タイプ)」を見つけて「これだ!」と使い始め、それ以来、私と子ども用に愛用しています。

通常は「インボックス」という収納ボックスのフタとして別売りされているものですが、店頭で見かけて試しに買ってみたら、求めていたシューズトレーとしてパーフェクトでした。シンプルで無駄のない形とサイズ(幅19.3×奥行26.5㎝)、110gと軽くて、79~119円とリーズナブルなところ、質感すべてが気に入っています。

掃除がラク!靴の持ち方に迷わない!「ニトリ」の「インボックスフタ」を使った靴収納

わが家の下駄箱1段にちょうど4枚が収まります。色も数種類あるので、私は茶色、息子は緑、娘はグレーと使い分けています。息子と娘でお揃いの靴も、トレーの色で判別できるのが便利です。

掃除がラク!靴の持ち方に迷わない!「ニトリ」の「インボックスフタ」を使った靴収納

ただ最近「Nインボックス」としてリニューアルされ、旧タイプが在庫限りとなってしまいました。収納ボックスとそのフタとして進化しているようですが、トレーとしては旧タイプの方が底面がフラットで使いやすく、残念に思っているところです。ただ旧タイプを使い慣れていたからこそで、「Nインボックスフタ」に初めて出会っていたら、「これだ!」とやはり思ったと思います。形やサイズ、色展開はほぼ変わらず。お値段は少々上がったものの、税込185円と比較的リーズナブルなので、よかったらお試しください。

ちなみに男性用の靴や女性用でもスポーツタイプのスニーカーには、サイズがやや小さいので、わが家では100均の食卓用トレーを使っています。

“靴収納”のアイディアはこちらにも:
靴をもっと収納したい!下駄箱の靴収納量アップは差し込みダボと棚板で解決!
玄関から溢れた靴の収納は、「無印良品」衣装ケースで“スタメン扱い”にできる!
100円ショップ・突っ張り棒活用法! たった1本で靴箱の収納力が2倍に!!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 手塚千聡
ブログ : 不機嫌にならない暮らし~会社員ワーママの、ラクしてシェアして、時間を生み出す暮らし術~