座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」


おはようございます。
ライフオーガナイザーの森麻紀です。

座ったら一歩も動きたくない。でも、よく使うものを出しっぱなしにもしたくない。そんなふうに思ったこと、ありませんか?

座ったまま手が届くところに棚も引き出しもない、ダイニングの椅子が定位置の私が、一歩も動かずにパソコン作業に集中できるようになった「よく使うものバッグ」をご紹介します。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

■ウエスト痩せにも?! ほぼ動かずに座ったまま手に取れる場所

自分がいつも座っている場所から手が届くところに収納スペースがあったら、とても便利ですよね。でも、そうとばかりではないと思います。私もその一人。わが家の場合は、椅子から2~3歩先によく使うものが入った引き出しがあるんですけどね(笑)。それでも、そもそも立ち上がるのが面倒くさい!

そこで私は、椅子の背もたれ(私のはひじ掛け兼用)に、「よく使うものを入れたバッグ」をかけておくことにしました。外食のお店などで、荷物を置くカゴがない場合、同じことをやっている方も多いのではないでしょうか?

数年前のある日、これを自宅でも応用することを思いつきました。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

体をちょっとひねるだけで中の物を取り出せる絶妙な位置!
腰からひねるように意識すると、ウエスト痩せにも効果がありそうです。残念ながら、私はあまり意識できていませんが(笑)。

この場所なら、外出時のショルダーバッグ並みに、いえ、それ以上にらくに取り出すことができるのです。なぜなら、寝るとき以外このバッグは“開けっぱなし”だから。来客時はもちろん閉めますが、リビングのドアからも見えない場所ということもあり、開けっ放しでもまったく気になりません。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

バッグが落ちる様子はなかったのですが、念のため、クッションゴム(戸当たりゴム)をつけて落下防止対策をしています。

外側のポケットには、エアコンのリモコンが入っているのですが(ちらりと見えるでしょうか)、ここに入れた状態のままでも、予約タイマーはちゃんと作動します。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

上の写真は以前の椅子のときのもの。わが家にある背もたれありの椅子は、どれもバッグをかけることができました。ただ、丸みを帯びた背もたれだとかからないものもありそうです。

このバッグをかけるようになった当初、目の前に座っている夫に「ハサミある?」と言われたとき、まったく動かずに「はい」とハサミを出したので、「え?! どこから出てきたの?!」と、ものすごく驚かれました(笑)。

■中身はその場所で必ず使うものだけ!

便利だからといって、なんでもかんでも入れてしまっては、使いにくくなってしまうので、座っているときに確実に使うものだけを入れるようにしています。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

参考までに、私が入れているものは、
エアコンのリモコン、電卓、ノート、子どもの丸つけグッズ(赤青えんぴつ・スタンプ)、付箋、ものさし、ペン類(使用頻度高)、ハサミ、シャチハタペン、手鏡、ハンドクリーム、リップクリーム、目薬、ペンケース(使用頻度の低いペン類が入っています)。

■バッグの形は、使いたいものを見渡せる浅めのポケットつき

せっかく、使いやすい場所によく使うものがあるので、それらを取り出しやすくするために、バッグは浅め、そして、ポケットがたくさんあるものを選びました。
VegieBAG MINI(ベジバッグミニ)

バッグの底に、仕切り兼汚れ防止として「無印良品のポリプロピレン整理ボックス2」を入れています。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

実際に椅子にかけて、座った状態で使ってみて、自分がいちばん使いやすい配置になっています。何度も立って取りに行くようになったものを随時追加したり、減らしたりもしました。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

片側の内ポケットのフタは、使わないときは中に入れていますが、今は目薬を入れている方だけ、遮光のためフタとして使っています。

座ったら一歩も動きたくない! そんな願いが叶う「よく使うものバッグ」

このバッグを使うようになって、細かいものをいちいち取りに行く手間がはぶけるようになり、集中してパソコン作業ができるようになりました。

ただ、あまりにも便利で、ずっと席を立たずに過ごせてしまうので、座りっぱなしにならないように、意識的に立つ必要が出てきましたけどね(笑)。また、同じ方向ばかりに体をひねることになるので、身体の左右のバランスのために、たまに逆側にかけて使うことをオススメします。

今回、椅子にかけるバッグとしてご紹介しましたが、床に座る生活の人も、自分の隣に置いておけば、同じような使い方ができると思います。

バッグの使い方をアレンジしたその他の記事はこちら:
帰省の荷造りに使える!IKEAの買い物バッグ+DAISOのコンテナの合わせ技
出し入れのストレスが大幅減!「IKEA」の収納バッグ1枚に寝具6点がナイスイン

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINE@のご登録はお済みですか?
最新記事や友だち限定のお得な情報をお知らせします。
友だち追加

ライフオーガナイザー 森麻紀
ブログ : 今の暮らし これからの生活 ~「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~