「10年分」の大型ゴミ処分は、クリーンセンターへ持ち込みが簡単でリーズナブル!


おはようございます。
ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

一般ゴミとは違い、ひとりでは処分しづらい大型ゴミ。重い腰を上げ、わが家の「10年分」の大型ゴミを、クリーンセンターへ持ち込み処分しました。

■持ち込み処分って面倒そう…「10年分」溜まった大型ゴミ

引っ越して以来「10年分」の溜まった大型ゴミは、壊れた電子ピアノや歪んでしまった衣装ケース、譲ってもらったまま使ったことのないゴルフバッグや一度も出番のなかった布団などです。

溜めこんでしまった理由は、
・小屋裏収納に突っ込めたのですぐには困らなかった
・自分では無理!と夫任せにしていた

と、この2つ。

「10年分」の大型ゴミ処分は、クリーンセンターへ持ち込みが簡単でリーズナブル!

とうとう夫婦で重い腰を上げ、「10年分」の大型ゴミを最寄りのクリーンセンターへ持ち込むことにしました。

■リーズナブルで簡単!積み込みができればひとりでも持ち込める

処分するまでの流れはこんな感じでした。

管轄のクリーンセンターへ事前に予約

車に積み込み

現地で、車に乗ったまま計量

順路の通り進み広い処分場でゴミを下ろす

再度車のまま計量し減った分の重さに応じて支払い

ゴミの種類ごとに場所が分かれていて、下ろすのが大変なものは係の方も手伝ってくれました。ただ、ゴミなので扱いが荒い(笑)。不用とはいえ、思い入れのあるものが投げ捨てられ粉々になるのは、多少心が痛むのでそっと目をそらしました。

わが家が持ち込んだクリーンセンターの場合は、10kg=80円の計算で、今回「10年分」の大型ゴミは総重量なんと210kg!それでも1680円とリーズナブルに抑えることができました。

「10年分」の大型ゴミ処分は、クリーンセンターへ持ち込みが簡単でリーズナブル!

手順がわかったので、これからは車に積めさえすれば、思い立ったときにひとりでも行けると実感しました。

■「10年分」の大型ゴミは軽トラックが必要な量に!

「10年分」の大型ゴミは乗用車に積める量ではなかったので、知り合いから軽トラックを借りました。

後ろの荷台に積み込んだら、上にブルーシートをかぶせ、飛ばないようにロープを引っ掛けて押さえます。ここで重要なのが天気。雨が降ると、積んだゴミが濡れて重量が増えてしまうので、軽トラックで運ぶときは天気のいい日を選ぶのがベスト。それ以前に、軽トラックが必要になる前にこまめに処分するのがベスト!

大型ゴミの処分は家がスッキリするのはもちろんのこと、それ以上に気持ちまでスッキリしました。持ち込みのゴミ処分は初めてという方も、年末に向けてぜひ活用を検討してみてくださいね。

年末に向けて大型ゴミ処分に関する記事はこちら:
片づけで出たゴミは「まとめて持ち込み処分」が断然お得!
家電も衣類も、お金をかけずにまとめて処分!「パソコンダスト」の利用方法
不要になった家具は「捨てる」だけじゃない!! 材料として便利に活かす方法

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

LINE@のご登録はお済みですか?
最新記事や友だち限定のお得な情報をお知らせします。

友だち追加

ライフオーガナイザー 前田梨絵
HP : 壁紙から始める新しい暮らし