スマホ連携でここまで便利に! インターホン選びで日常の“ちょっと困った”を解消


おはようございます。
ライフオーガナイザー/一級建築士の和田さや子です。

インターホンは家についてくる設備の一部なので、その機能について細かく比較検討する人は、一般的な家電に比べると少ないという印象があります。

ですが、いまやインターホンは、ただ来客に応答するだけのものではありません。ワンランク上のグレードの機種を選ぶだけでも、生活の“ちょっと困った”が劇的に改善されることがあります。

今回は、PanasonicのインターホンVL-SWD505KSで“ちょっと困った”が解決できるシーンを3つご紹介します。

スマホ連携はここまで進んでいる! インターホン選びで日常の“ちょっと困った”を解消

■シーン1:留守中(もしくはテレワーク中)に宅配便が届いた

たとえば、2階の書斎で仕事をしているとき、ピンポンが鳴るたびに1階のインターホンまで走っていくのは大変。出かけていたら、そもそもインターホンに出ることさえ、かないません。

そんなときは、このインターホン専用アプリをスマホにダウンロードし、事前に登録をしておくと便利。ネット環境があれば、いつでもどこでもインターホンに応答することができます。

スマホ連携はここまで進んでいる! インターホン選びで日常の“ちょっと困った”を解消

置き配の指示をしたり、再配達の依頼をしたり、その場で解決することができますね。

■シーン2:子どもがカギを忘れて帰宅

たとえば、共働きの家庭で子どもがカギを忘れたまま帰宅。家には誰にもおらず、外で待ちぼうけ……なんて困ったことも起こりがちですね。

そんなときでも外のドアホンを押せば、スマホの専用アプリに通知が来るので、親と連絡をとることができます。

スマホ連携はここまで進んでいる! インターホン選びで日常の“ちょっと困った”を解消

逆に、専用アプリから外にあるドアホンに呼びかけることも可能。家の前で困っている子どもに声をかけ、「おじいちゃんが行くから待っていなさい」や「お友だちの家で待たせてもらいなさい」など、指示を伝えることもできます。

また、玄関ドアの電気錠が、Panasonicのインターホンと連動できるタイプもあります。これだと、アプリから玄関ドアを開錠することができるので、さらに便利になりますね。

■シーン3:留守番をしている子どもが心配

家の中で留守番をしている子どもと、連絡をとりたいこともあります。ひと昔前のように、どの家庭にでも固定電話があるわけではないので、こんなこともハードルが高くなりました。

そんなときは、専用アプリからインターホンに呼びかけることができます。インターホンにはカメラがついているので、ビデオ通話も可能です。

スマホ連携はここまで進んでいる! インターホン選びで日常の“ちょっと困った”を解消

子どもがインターホンに応答できるように、設置高さやカメラの角度は気にしておくとよいですね。

これだけの機能がついても、インターホンの機種代の価格は3万円程度の差額ですみます。また、新築の家に限ったことではなく、故障したインターホンを取り替えたいときにも選ぶことができます。

小学生のお子さんや、見守りが必要な家族がいる場合は、候補の一つにしてみてくださいね。

“便利なスマホアプリ活用術”についてはこちらも参考に:
親も子も安心!AIスピーカーで留守番の子ども&高齢親のリモート見守り活用法
24時間をひと目で管理、スマホアプリ「Wacca」でおうち時間を快適に
画像も保存できるから手で書くより便利!スマホのアプリLINEをメモとして使う裏技

親も子も安心!AIスピーカーで留守番の子ども&高齢親のリモート見守り活用法

24時間をひと目で管理、スマホアプリ「Wacca」でおうち時間を快適に

画像も保存できるから手で書くより便利!スマホのアプリLINEをメモとして使う裏技

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー/一級建築士 和田さや子
ブログ : 理想の家を見つける旅


クローゼット