すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました


おはようございます。
賃貸2LDK集合住宅に住む共働きライフオーガナイザー金田友美です。

仕事や買い物などで慌ただしく帰ってくる1日の終わり。すぐに座ってリビングでのんびりとしたいものですよね。けれども、買ってきたものやバッグ、ポストから持ち帰ったDM、 置きっぱなしになっていませんか?

一息つくその前に、習慣を変えたらできた、すっきりリビングの作り方を紹介します。

すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました

■ バッグを片づける前に洗濯物を出してスッキリ

保育園に通う子どもの帰宅時、リュックの中身は洗い物でパンパンです。まずはリュックを寝室に片づけてから手洗い、うがい、その後もう一度寝室に戻って、洗い物を洗濯カゴに出す、というのが帰宅後の流れでした。

けれども寝室、洗面所の往復は、早くおやつを食べたい子どもには面倒だったようです。リュックを戻せず、洗い物ごとリビングに散乱することもよくありました。

そこで、帰宅後、リュックごと洗面所に直行、手洗いうがい後、その場で洗い物を出すよう変更しました。すると洗面所、寝室の往復がなくなり、リビングにリュックが散乱することも激減しました。

すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました

今では私も、帰宅後バッグごと洗面所に直行し、ハンカチや洗い物、化粧ポーチを出すようになりました。

小さな変化ですが、動線がスムーズになったことで、出し忘れがなくなり、「次にやること」に素早くとりかかれるようになりました。

■買ってきたもの、DMもちょい置き禁止でスッキリ

スーパーで買ったものやDMなど、とりあえずリビングのテーブルに置いて、 「後でやろう」 と思うと、後片づけがどんどん面倒になってしまう経験ありませんか? 私は面倒くささを回避するため、リビングに持ち込む前に、玄関で荷物を仕分けすることにしました。

食品はキッチンに、トイレットペーパーは洗面所のシンク下など。リビングに行く前に、それぞれ決まった場所に直送スタイルに変更したことで、「後でやろう」がなくなり、面倒くささがずいぶんと減りました。

すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました

また、チラシやDMも要・不要を玄関で判断し、不要なものは即ゴミ箱へ。ちょい置きを禁止したことで、ときどきリビングに出現する「たまりにたまった謎のDMの山」が消滅しました。

■ リビングを「出発の準備の場所」にしてスッキリ

不要なものや戻す前のちょい置きを禁止し、くつろぎの場所に変わったわが家のリビングですが、マスクと鍵は、玄関からリビングに移動しました。

以前は下駄箱の上に置いていたのですが、狭い下駄箱上はごちゃつきがちです。また家族が出かける時間が一緒だと、全員が靴を履いたり、マスクをつけたりで狭い玄関が大混雑でした。

そこで家族が必ず集まるリビングを「出発の準備の場所」と考え、一角に鍵とマスクを設置しました。うっかり屋の私は忘れることが心配でしたが、この2つは必ず持ち出すものなので、玄関になくても問題なしでした。ちなみに、マスクをつけ、鍵を持った動線上がスマホの充電場所のため、スマホを持ち忘れて外出して焦る、といったことも少なくなりました。

すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました

すっきりリビングは、一息つくその前が大事! 行動を変えるだけでできる方法を見つけました

リビングでゆっくりくつろぎたい、そのためにスッキリさせたいと考えたとき、片づけのほかにも、動線や習慣を変えることで、できることがまだまだたくさんありそうです。

すっきりリビングのアイデアはこちらも参考に:
リビングはぐちゃぐちゃ!なのに家族は平気……、そんなときのストレス対策3つ
リビングを散らかす家族にイライラ! 解決のポイントは“逃げ場”を作ることでした

リビングはぐちゃぐちゃ!なのに家族は平気……、そんなときのストレス対策3つ

リビングを散らかす家族にイライラ! 解決のポイントは“逃げ場”を作ることでした

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 金田友美
ブログ : it’s cozyわたしのすきなくらしかた


夏休みの過ごし方