夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?


おはようございます。
ライフオーガナイザーの手塚千聡です。

わが家の夫は脱ぎっぱなし常習犯でした。毎日洗濯するものはそこそこで解消されますが、置きっぱなしのままなのがズボン。うるさく言っても効き目はありませんでした。

そんな脱ぎっぱなし問題が、ふと気づけばぐんと減っていました。何をしたらどう解決できたのか、試行錯誤のプロセスを含めてご紹介します。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

■対策その1・たためないならかけてみる

長年ズボンはたたんで引き出しにしまうのが夫の習慣でした。でもいつも脱ぎっぱなしだし、引き出しの中はぐちゃぐちゃで、開けるたびにゲンナリしていました。

たたむのは私も得意じゃないのに、無残なズボンを見るといたたまれずにたたんでしまい、でも本当は自分でやってほしいから腹立たしい。

そこでたためないならかけてもらおうと、「マワ」の「パンツシングル」を使ってみることにしました。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

このハンガー、センターラインの入ったきれいめパンツも、しわにならず、滑ることもありません。私はすごく気に入り今も愛用中ですが、夫にはたたむよりもストレス倍増のようでした。

■対策その2・ハンガーを変えてみる

脱ぎっぱなしは減らないし、クローゼットでは不格好にかけられたズボンがまず目に入ります。夫に使い心地を聞くと、「使いにくい」と即答でした。

かけるところを見せてもらうと、私とはまるで違っていて驚きでした。私はバーからハンガーを取って、ズボンをかけてハンガーごとバーに戻します。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

夫はというと、ハンガーをバーにかけたままズボンをかけるのです。「マワ」は隙間が狭く、おまけにハンガーが揺れたらかけるのは至難の技です。使いにくいのも納得でした。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

ハンガーに夫を合わせるか、夫のやり方に合うハンガーを探すか、うちでは後者を選びました。見つけたのが「ニトリ」の「すべりにくいスラックスハンガー」です。

「マワ」に比べてかける部分が開いているので、夫流でもかけやすそうでした。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?
上が「マワ」、下が「ニトリ」のハンガー

結果はまずまず。夫には使いやすくなったようですが、見た目は不格好なままでした。

■対策その3・いっさいたたまない

考えてみると、ハンガーにかけるときも、縦半分ではありますがたたみます。そこでいっさいたたまずにすむ方法はないかと考えたのが、バーにかけるだけの収納でした。

クローゼットの下部には、ルンバが通れるように「アイリスオーヤマ」の「メタルラック」を入れています。そのラックの前面に「サイドバー」(91cm)を取りつけ、ズボンをかけられるようにしました。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

かける部分の長さは80cm強。縦半分にたたむとたくさんしまえますが、普段使いの2、3枚をかけられたらいいので、たたまずにかけています。

夫のズボン脱ぎっぱなし問題、ハードルを下げに下げて見つけた解決策とは?

この収納、私の腰くらいの高さなので目に入らないのもいいところ。洗濯後に私が戻すのも本当に楽ちんです。めったにはかないスラックス類は、変わらず「ニトリ」のハンガーを使っています。

「脱ぎっぱなし」を責めるより、使い心地を聞いて観察してみるほうが俄然効き目がありました。お悩みの方は試してみてくださいね。

家族の片づけ収納問題には、こんな解決策も:
“置きっぱなし”の夫にもうイライラしない。帰宅後の散らかりは動線と収納法の工夫で解決!
リビングはぐちゃぐちゃ!なのに家族は平気……、そんなときのストレス対策3つ
リビングを散らかす家族にイライラ! 解決のポイントは“逃げ場”を作ることでした

“置きっぱなし”の夫にもうイライラしない。帰宅後の散らかりは動線と収納法の工夫で解決!

リビングはぐちゃぐちゃ!なのに家族は平気……、そんなときのストレス対策3つ

リビングを散らかす家族にイライラ! 解決のポイントは“逃げ場”を作ることでした

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 手塚千聡
ブログ : 不機嫌にならない暮らし~ラクしてシェアして、時間を生み出す暮らし術~


クローゼット