片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント


おはようございます。
ライフオーガナイザーの三瓶 ちゆきです。

片づけてもすぐに散らかってしまう……。以前のわが家では日常茶飯事でした。片づかなかった原因は、収納方法が自分に合っていなかったこと。思いきって「隠す」収納をやめたら、無理なく片づけられるようになりました。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

■「隠す」収納から「見える」収納に変えて使い勝手UP

中身の見えない収納ボックスで揃えると、見た目はすっきりしますが、私の場合、中に何が入っているか?忘れてしまうことがよくあります。特に、入れ替わりの激しい食品ストックは、中身を把握することが難しく、あると思っていた食材がなくて困ってしまうことも日常茶飯事でした。

そのうえ、中身が見えないのをいいことに、つい適当に放り込んでしまうものだから、気づくとボックス内がぐちゃぐちゃに……。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

中身が見えないボックスは、私にはうまく使いこなせないことに気づき、使っていた白い蓋つきの収納ボックスを、思い切って中身の見えるボックスに変えてみました。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

これなら、何がどこに入っているのか、ひと目でわかります。最初は見た目がちょっと気になりましたが、目立つからこそ、自然と整える習慣ができ、以前よりむしろきれいな状態を保ちやすくなりました。作るのが面倒だったラベルも不要になり、使い勝手も良好です。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

■出し入れをラクにしたいから、収納ボックスは蓋なしに

蓋つきのボックスは、埃を防いだり、ボックス内のごちゃつきを隠せるので便利ですが、ものを出し入れするときは、ちょっと面倒に感じることもありますよね。わが家でも、蓋を開けるのが面倒で、つい蓋の上にものを置いてしまったり、蓋を適当な場所に置いてしまい、余計に散らかった印象になることも多かったんです。

そもそも「きちんと閉められないのなら、蓋が無くても大して変わらないのでは?」と思い、半透明のボックスに変えるタイミングで、乾物以外は蓋なしのボックスに変更しました。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

さらに、ボックスを引き出さなくても出し入れができるよう、棚の間隔も調整。ボックスの上に余裕があれば、奥にあるものまで見えますし、ワンアクションで出し入れできるので、とても便利になりました。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

蓋つきのボックスを使っている乾物だけは、未だに蓋の上に置きっぱなしにしてしまうことがあるので、私にとって、やはり蓋があるかないかの違いは大きいようです。

■「きっちり」よりも「ザックリ」分類で管理をラクに

使用頻度の高い食品ストックは、なるべく手間ひまかけず、ラクに管理したいものですよね。私の場合、あまりきっちり分類し過ぎると、出し入れに手間取ってしまったり、うまく管理できないことも多いので、ザックリとした分類で、ゆるく管理をしています。

こちらの収納で管理している食品ストックは、【乾物・乾麺・飲み物・調味料・レトルト&インスタント・缶詰・その他】の7分類。私には、このぐらいの分類と量がわかりやすいんです。

片づけられない原因は「隠す」収納にあった!「見た目」より重視した3つのポイント

いただきものや、早く使い切りたい食品などを入れられるよう「その他」のボックスも用意し、ストック内容が変わったときでも柔軟に対応できるようにしています。

中身が見えるボックスを使うようになってからは、こんなザックリした分類でも、内容がひと目で把握できるので、無理なく管理できています。

以前は、「見た目」ばかりを優先し、多少使い勝手が悪くても無理して使っていましたが、結局使いにくい収納は長続きしませんでした。自分が使いやすい収納方法に変えたことで、家事の効率がアップしたのはもちろん、ストック管理もしやすくなり、とても快適になったと感じています。

使いやすい収納方法は人それぞれ!こちらの記事も参考に:
こんなに違う! きっちり派夫とざっくり派妻のクローゼットこまごまアイテム収納方法
夫婦のクローゼット収納を徹底比較! 使いやすい仕組みは家族でも違う⁈

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 三瓶 ちゆき
HP : Le KURASSO 暮らしをラクに楽しく!


メンバー紹介
手放し先リスト
オーガナイズウィーク