忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく


おはようございます。
ライフオーガナイザーの東風平美穂です。

この春、子ども二人が小学中学ダブルで入学、さらに私自身も新しい仕事を始めて、目まぐるしい毎日を過ごしていました。

忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく

忙しくて時間がない中、やらなければならないことばかりに集中するのではなく、関係ない別の時間を取ることで、その後がスムーズに運ぶようになりました。忙しいときにあえて時間をとってすること3つをご紹介します。

■とりあえず外に出てクールダウン

家の中で家事をやっていると、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と、目に入るものすべてが気になってきます。そうなると、どんどん焦りが増幅してきて、あれもこれも中途半端になり、結局進んでいなくて、さらに焦りが発生するという負のループ。

そんな状況から逃げ出したくて、とりあえず家を飛び出してみたことがあります。

忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく

外に出てみると、青い空や植物がぱあーっと目に入り、家事のことはすっと忘れられました。完全に忘れちゃうのはいけないんですが。

その後は近くのカフェでコーヒーを飲んでリラックス。すっかりエネルギーチャージできました。

忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく

カフェでなくてもぶらっと5分くらいの散歩でも効果があります。頭の中がぐるぐるしているときに、いったんその場所から離れることでクールダウンになり、落ち着いて次につなげることができるようになりました。

■頭の中のものをいったん出す

焦っているときは、視界も思考も狭まっています。頭の中もパンパンなので、それらを出すために、手帳や紙に書き出すようにしています。

タスクだけでなく、モヤモヤや不安、怒りの感情なども書き出すと、即解決するわけではないけれど、書き出すだけで不思議と気分が落ち着いてきます。

忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく

書くことで、考えているだけでは見えなかったものが文字として可視化できます。その後の優先順位や、やらなくていいこともはっきりする効果があります。あれもこれも、と焦っていた気持ちが、これをやってその次はこれ、と決めて動けるようになりました。

■いつもより5分長く入浴する

時間がなくて忙しいときは、身体も酷使されて疲れています。そんなときは、入浴時にいつもより長くお湯に浸かることをおすすめします。

いつもより5分でも浸かっていると、ひとりでゆっくり考え事ができます。逆に、何も考えない時間にすることもできます。

そのときひらめいたアイデアやタスクは、撥水メモに記入しておくと、あとで忘れません。
>>>入浴中にふとひらめくアイデアを、100均グッズを使って有効活用する工夫

忙しくて時間がないと焦るときこそ、あえて〇〇の時間を取るとうまくいく

入浴剤を入れると、長いあいだ浸かっていたいと思えるので、たくさん用意して楽しんでいます。いつもより長くお風呂に浸かって身体を休め、考えを整理することで、その後の時間を効果的に使えるようになりました。

以上、忙しく慌てている時間からスイッチを切り替える3つの方法でした。

時間をうまく使うためのアイデアはこちらにも:
時間管理アプリって効果あるの? 2つのアプリを活用してわかったこと
今年こそ目標を実現できる私に!行動できる“大人の時間割”の作り方と続けるコツ
ダラダラ悪習慣をたちきれた!時っ感タイマーで時間管理が上手になった4つのこと

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 東風平美穂(こちんだみほ)
ブログ : ココチイイコト~自分の好き♡と出会うくらし方~


メンバー紹介
手放し先リスト
植物のある暮らし