好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍


おはようございます。
4人の子どもと暮らすライフオーガナイザーの中矢くみこです。

わが家で、折りたたみテーブルをDIYしたのが10年ほど前のことです。

好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍

ベニヤ板に折りたためる脚を取り付けただけの簡単なものですが、子どもの誕生日やお祝いごとなど、人が集まるときに重宝してきました。

■天板に脚をビス固定するだけで完成!

わが家で使っている天板は、畳ほどの大きさのベニヤ板、シナランバーコアです(915×1825×厚み15mm。最寄りのホームセンター調べ)。長いほうを15cmカットして、ローテーブル用の脚をビスで固定しています。

好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍

上にテーブルクロスをかけて使うつもりだったので、作ったときには全体的に軽くやすりをかけるだけ。塗装などはしませんでした。でも、ここ数年、家時間が増えて使う機会も多くなったので、蜜ろうワックスを塗り、テーブルクロスなしでも使いやすいようにしました。

テーブルの天板としては薄い15mmの厚みにしたのは、コストダウンに加え、私がひとりで持ち運べる重さにしたかったから。

好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍

天板に体重をかけると少したわむのですが、許容範囲とはいえ、テーブルとしての使い勝手だけを追求するのなら、25mm以上の厚みが欲しかったのは正直なところです(笑)

■賃貸でも・引っ越しでも邪魔になりにくい!

この大きなテーブルを作ったのは、賃貸住まいのころです。天板自体は大きいのですが、折りたたんでしまえば厚みは10cmもないので、家具と壁に隙間を作って収納していました。

今の住まいでは、リビングから出入りできるファミリークローゼットの壁面に立てかけています。

好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍

テーブルを作ってから2回の引っ越しを経験しましたが、積み込みもスムーズ。天板が大きいので、現在の2階リビングへ運び込む階段を、曲がるときだけはハラハラしましたが(笑)。

■暮らしの変化に合わせて作り変える

DIYの好きなところは、ビスを外せばパーツごとに活用できることです。毎週末、二世帯住まいの親と夕食をともにしているのですが、少し前から、床に座ることが大変そうに感じることが増えたのを機に、テーブルを高く作り直しました。といっても脚を付け替えただけ。

天板がたわみにくいように、今回は脚を6本に増やしました。付け替えた脚は「松葉脚」と検索して、ネットで購入したのですが、ホームセンターでも売られているようです。

好きなサイズでDIY!大きめサイズの折りたたみテーブルは、勉強・来客・オンラインに大活躍

これまで必要なかった椅子は、折りたたみテーブルを使うときだけ、ダイニングテーブルや学習机から移動して使い回しているので、新たに買う必要はないですし、脚を変えても、厚みはほとんど変わらないので、収納場所もそのままです。

暮らしの変化に合わせて作り変え、使い続けられる良さを実感しているDIYの折りたたみテーブル。最近は、長期休みやステイホーム時期に子どもたちが使うことも多かったので、高さをあげたことで、勉強しているときの負担も軽減できるかな?と期待しています。

デスクをDIYするときにヒントになる記事:
カラボで簡単のせるだけ!DIY苦手でもOKなスタンディングデスクの作り方
小学校高学年からのリビング学習〜進化するDIY学習机ビフォー・アフター<前編>
DIY予算30,000円!子どもが自分で整理整頓できる学習机

カラボで簡単のせるだけ!DIY苦手でもOKなスタンディングデスクの作り方

小学校高学年からのリビング学習〜進化するDIY学習机ビフォー・アフター<前編>

DIY予算30,000円!子どもが自分で整理整頓できる学習机

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 中矢くみこ
ブログ: 凸凹でも片づけベタでも整う仕組みがある


クローゼット