「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア


おはようございます。
ライフオーガナイザーの南方佐知子です。

趣味に使うものが増えたときや、よく手にする日用品。「ちょっとの空間があれば収納できるのに、良い収納場所が見つからない」と困ってしまうことはありませんか? デッドスペースを利用して取り出しやすく収納した、わが家の実例を紹介します。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

■クローゼットのデッドスペースに、山グッズを掛けて収納

以前、ハイキングに使うリュックサックやトレッキングポールなど、かさばるグッズの収納に悩んでいました。そこで、クローゼットの服を掛けている後ろの壁を使い、隙間を使って収納することにしました。壁の幅木にビスを取りつけて簡単なフックを作っています。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

これで、収納に悩んでいたポールもリュックサックも、簡単に掛けられます。スカートのハンガーは幅が短いので、後ろの空間にもゆとりができています。少しかさばるリュックサックが後ろにあっても気になりません。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

普段は服で隠れて見えませんが、必要なときは服をカーテンのように横にズラして簡単に出し入れできます。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

■ダイニングテーブルの下に、ティッシュボックスを収納

普段はまったく見えませんが、ダイニングテーブルの裏には毎日の必需品、ボックスティッシュを収納しています。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

家に余っていた板で収納場所を作りました。ティッシュが無くなったとき徒歩0秒で取りだすことも可能です。置く場所に困っていた宅配用のカタログも一緒に収納しています。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

■引き戸の枠の上に、季節の必需品を置くだけ収納

リビング側からは見えませんが、洗面所の引き戸の枠の上には、季節の小さな必需品を置く場所として使いました。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

洗面所に入りドアの上を見上げた場所に、日焼け止め、虫除けスプレー、ハンドクリームなどを置いています。背の低い私でも手を伸ばせば届く場所です。

使うシーズンになったら下ろしておきます。そのときに埃がついていたらサッと拭いています。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

置くだけでいいのでとっても簡単!見上げないと目に入りにくいので、出しっぱなしも気になりません。見える収納のおかげで、季節の初めに慌てることがなくなりました。

商品をディスプレイするようなイメージで雑貨と一緒に置くことで、気分も上がっています。高い場所なので、落ちても割れない素材のものを選んでいます。

「収納場所が足りない……」を解決! デッドスペースを活用する3つの収納アイデア

狭いわが家ですが、眠っている場所を有効に使うことで、便利になりました。普段の生活で、「ここにあったらいいな」、「ちょっと不便だな」と感じたときに、それに合う場所をこれからも見つけていきたいとワクワクしています。

収納スペースの確保の記事はこちらも参考に:
ものの持ち方、好み、得意なことが全然違う夫婦のための、共有するものの収納場所の見つけ方
理想の食器収納への近道は、よく使う食器の置き場所をまずは確保すること
玄関やリビングにちょい掛け収納を!マグネットフックは家族の散らかし防止にも一役買います

ものの持ち方、好み、得意なことが全然違う夫婦のための、共有するものの収納場所の見つけ方

理想の食器収納への近道は、よく使う食器の置き場所をまずは確保すること

玄関やリビングにちょい掛け収納を!マグネットフックは家族の散らかし防止にも一役買います

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 南方佐知子
ブログ : 古くても狭くても一緒に見つける家ごこち


クローゼット