感染症対策だけじゃない。家事もラクになるペーパータオルを使う3つのメリット


おはようございます。
ライフオーガナイザーの下川美歩です。

インフルエンザなどの感染症は、同じタオルを使うとうつることがあるそうです。家族それぞれが外で過ごすわが家では、いつ誰がウイルスを持ち込むかわかりません。そこで、洗面所で手を拭く共有タオルをやめて、ペーパータオルに変えてみました。

感染症対策だけじゃない。家事もラクになるペーパータオルを使う3つのメリット

私が選んだのは「カインズ」で見つけた「ペーパータオル コンパクト」です。一般的なペーパータオルよりサイズが小さめ、シンプルなパッケージデザインなので、そのまま洗面台の上に置いても邪魔になりません。試しに使い始めたところ、思わぬ家事もラクになりました。

ペーパータオルを使って感じた3つのメリットをご紹介します。

■タオルの洗濯が減ってラクちん時短

共有タオルは毎日交換、そして洗濯。ペータータオルに変えてからは、交換の手間がなくなり、洗濯の必要がなくなりました。もちろん、タオルをたたむ、しまう手間もなし。洗濯の量が減ったので、洗濯乾燥機の乾燥時間も短くなりました。

感染症対策だけじゃない。家事もラクになるペーパータオルを使う3つのメリット

以前は、体調が悪い家族がいると、家族それぞれにタオルを用意していました。でも、それだと洗濯が大変。ペーパータオルだとゴミは増えますが、洗濯がラクになることのほうがうれしいです。

■ついで拭きで洗面台掃除を家族とシェア

これまでもときどきしていた、洗面台を使ったついでに洗面ボウル周りをサッと拭く「ついで拭き」。ペーパータオルに変えてからは「ついで拭き」の回数が増えました。

感染症対策だけじゃない。家事もラクになるペーパータオルを使う3つのメリット

すぐ手に取れるのがいいようで、私だけでなく家族それぞれがペーパータオルで「ついで拭き」するように。家族みんなで洗面台掃除をしているおかげで、洗面台をきれいにキープできるようになりました。

■洗濯乾燥機の窓パッキン拭きが習慣化

ドラム式乾燥機の窓パッキンの周りには糸くずや水滴、髪の毛などがつくので、毎日のお手入れとして拭きとるといいそうです。でも、ぞうきんは洗うのが面倒、ティッシュペーパーは柔らかすぎ、キッチンペーパーは拭きやすいけれどキッチンに取りに行くのは面倒くさい。

そこで、ペーパータオルで拭いてみたところ、拭きやすさはバッチリ。同じ洗面所にあるので、毎日のお手入れが習慣化しました。

感染症対策だけじゃない。家事もラクになるペーパータオルを使う3つのメリット

ペーパータオルを使うと、どうしてもゴミが増えます。ゴミ箱のサイズが心配でしたが、以前から洗面所に置いている5リットルのゴミ箱で充分でした。

ゴミ捨ては苦になりません。感染症対策だけじゃない、家事もラクになるペーパータオル。しばらく使い続けてみようと思います。

タオル選びに関する記事はこちらにも:

ふわふわ厚手はやめました! 乾きやすくて省スペース、衛生的なタオル選び

イライラとさようなら!毎日の洗濯がらくちん&時短になるタオル選び

使ったら取りかえる! 顔拭きタオルはひとり1枚、ハンドタオル一択のメリット

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 下川美歩
ブログ : 自分を変える、暮らしが変わる!


鍋