【家中洗濯物だらけをなんとかしたい!】梅雨の部屋干しスペース問題を解消するための事例集(片づけ収納ドットコムまとめ)


こんばんは。
ライフオーガナイザーの吉川圭子です。

ジメジメとした梅雨の時期は洗濯物を室内に干すことが多くなります。しかも、洗濯物が乾きにくいのでなかなかしまうこともできず、そうこうしていると次の洗濯物を干さなければいけなくなり家中洗濯物だらけ……なんて状況に頭を悩ませる人も少なくないのではないでしょうか。

干し場所に悩むのは片づけ収納ドットコムライター陣も同じです。大量の洗濯物を干すスペースをどうやって確保したか、過去記事から室内干し事例をご紹介します。

■床置きスペースがあれば大容量の室内干しを

まずは「ニトリ」の「Can-dry」を購入したライター濱名と、「カインズ」の「パタラン」を購入した副編集長会田の記事をご紹介。

ニトリ大型物干しCan-dryで室内干しの面倒を一気に解決!

以前は2人とも、リビングやダイニング近辺の洗濯物が引っ掛けられそうなところを利用してやり過ごしていましたが、大容量の室内干しを買って大満足したそう。一カ所にまとめて干すことで、かえって見た目がスッキリするのかもしれませんね。

「カインズ」の大容量室内物干しグッズ「パタラン」の使いごこちと気になること

どちらの商品もキャスター付きなので、干し終わったあとに移動するのもラクチン。リビングダイニングから見えにくいところに置けば、生活感も抑えられそうです。「大きな物干しを家の中に置くと邪魔になるかも……」と購入を迷っている方はぜひご一読を。

ライター・濱名の記事はこちらから:
>>>ニトリ大型物干し「Can-dry」で室内干しの面倒を一気に解決!

副編集長・会田の記事はこちらから:
>>>「カインズ」の大容量室内物干しグッズ「パタラン」の使いごこちと気になること

■壁付けなら床のスペース関係なく設置OK

次にご紹介するのは、床置きタイプの物干しを置くスペースがない・置きたくない人向け。壁面を利用して干し場を確保した事例を2つご紹介します。

1つめは『天気の悪い日に部屋中が洗濯物だらけになってしまうのが悩み』なライター三瓶の事例。耐荷重最大55㎏・超強力タイプの突っ張り棒を洗面所に取り付けて、干し場を作っています。

部屋干しスペースが足りない!“洗面所のランドリールーム化”で洗濯ストレスを一気に解消

突っ張り棒を付けたい壁の強度確認は必要ですが、ネジやクギを使わずに付けられるので、賃貸暮らしや持ち家でも壁に穴を空けたくない人におすすめです。

ライター・三瓶の記事はこちらから:
>>>部屋干しスペースが足りない!“洗面所のランドリールーム化”で洗濯ストレスを一気に解消

2つめは「森田アルミ工業」の「クルリ」を壁に取り付けた、元ライター安尾の事例。

5000円以下でこの満足感! 室内洗濯物干し「森田アルミ工業」の「クルリ」は電動工具・下地いらず

この手のアイテムは壁に下地があるところに取り付けるタイプが多いですが、クルリは石膏ボード専用の洗濯物干し。取り付けに特別な工具もいらないので「壁に穴を開けるのはOKだけど大掛かりな工事はちょっと……」という方におすすめです。

元ライター・安尾の記事はこちらから:
>>>5000円以下でこの満足感! 室内洗濯物干し「森田アルミ工業」の「クルリ」は電動工具・下地いらず

■床置きも壁付けも無理なら便利グッズを駆使

「大容量の室内干しを置けるスペースがない」「間取り・構造的に壁付けタイプはつけられない」方に是非読んでいただきたいのが、市販のフックやピンチハンガーを駆使して干す量を増やしているライター佐藤とライター森の記事。

浴室乾燥の「干しきれない・乾かない」は、道具で解消!

2人に共通しているのが「○連ハンガー」タイプの物干しグッズを使って、空間を立体的にムダなく使っているところ。

【洗濯物干し】洗濯ハンガー以外で、浴室乾燥に欠かせない3つのハンガー

「干す場所がない」と思っていても、まだまだ工夫次第で干す場所を作れるかもしれませんよ。

ライター・佐藤の記事はこちらから:
>>>浴室乾燥の「干しきれない・乾かない」は、道具で解消!

ライター・森の記事はこちらから:
>>>【洗濯物干し】洗濯ハンガー以外で、浴室乾燥に欠かせない3つのハンガー

■もし家を建てるなら室内干し専用スペースを

最後に、近い将来家を建てるもしくはリフォームする予定がある人にぜひ読んでほしい記事を2つご紹介します。

「新築・リフォームするならプランの段階から室内干しの場所を考えておくのがおすすめ」と話すのは一級建築士のライター和田。可能なら室内干し専用のスペースを、難しいなら部屋や通路などを少しだけ広げることで室内干しスペースが確保できるそうです。

これから新築・リフォームする人必見! 洗濯ストレスがなくなる「室内干しのカタチ」

ライター・和田の紹介記事はこちらから:
>>>これから新築・リフォームする人必見! 洗濯ストレスがなくなる「室内干しのカタチ」

もうひとつご紹介したいのが、ガス衣類乾燥機「乾太くん」の導入事例。元ライター服部は、子どもが3人とも布おむつ使用の保育園に通っていて毎日大量の洗濯物に追われていたため、乾太くんの導入に踏み切ったそう。

ワンオペ家事の救世主!「ガス衣類乾燥機」5つのメリット

元ライター・服部の記事はこちらから:
>>>ワンオペ家事の救世主!「ガス衣類乾燥機」5つのメリット

私も家を建てる予定があるお客様には必ずといっていいほど『室内干しスペースの確保』と『乾太くん設置』の2つはおすすめしています。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 吉川圭子
ブログ:整理収納手帖


メンバー紹介
手放し先リスト
植物のある暮らし