40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる


おはようございます。
ライフオーガナイザーの南方佐知子です。

見るだけで幸せな気持ちになるアクセサリーは、一つプラスするだけでおしゃれに見せてくれるので、ファッションに自信のない私も大好きです。

40代を過ぎてから、買ったけど使わないものが増え、使うものがだんだんと決まってくることに気がつきました。久しぶりにアクセサリーを見直してみると、自分が好きなもの、苦手とするものが明確になり、アクセサリー収納も整理することができました。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

■好きなピアスは、揺れない、軽い、同じもの

ピアスを集めて好きなものを選びました。私が選んだのは、長く垂れずに、あまり揺れないもの、軽いものでした(左が不要、右側が残すもの)。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

選んだ理由の一つめは、大きく揺れると落ち着かないこと。二つめは、背の低い私には「体の上のほうにボリュームを持たせたほうがいい」と以前聞いて、耳に直接ついているほうが少しでも体の上になると思ったこと。

デザインが気に入ったものは、色違いで集めています。服や気分によって色だけ選べばいいので楽ちんです。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

■ネックレスは、軽く、長さの調整ができるもの

ネックレスを仕分けしてみると、使っていないものばかりでした。選んだものは、長さも調整できる軽くシンプルなもの。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

選んだ理由は、ネックレスより、ブローチをよくつけるようになったためです。ブローチとネックレスを両方つけると、バランスがよくわからないので苦手です。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

■ブレスレットは、時計と相性のいいもの

ブレスレットはあまり持っていないのですが、少ない中から選んだのは、腕時計のバンドと相性のいいレザーのものです。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

理由は、私にとってアクセサリー感覚になっている腕時計のバンドと同じ素材のレザーのものなら、取り入れやすいと感じているからです。私にはブレスレットをつける習慣があまりなく、つけ忘れることが多々あります。半袖の季節になると、ブレスレットも忘れず楽しみたいので、時計とのセットで覚えるようにしています。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

■アクセサリーは、100円グッズを組み合わせた収納へ

アクセサリーは、100円グッズの小皿とケースを使って、「無印良品」のポリプロピレンケース引出式・薄型・縦に収納しています。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

二段に重ねているので、上にはピアスやネックレス、下にはブローチや思い出、季節のものを収納しています。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

お皿は、指の入りやすいボウル型のものを選んでいます。

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

シンプルでどんな服にも似合うピアスは、ライター森さんの記事『車に何を置いておく? 車内にあると便利なこまごましたモノ3選と収納グッズ』を参考に、車の中に入れるようにしました。うっかり忘れたときに何度も助けられました!

40代のアクセサリー収納法。“好き”と“苦手”から見直すともっとおしゃれが楽しめる

手放していいものは、リユース会に出したり、傷みがあるものは処分します。
>>>着ないけど捨てるにはもったいない服”を、みんなで交換する「リユース会」で活かされる服へ

自分が使いやすいタイプが明確になったことで、アクサセリー選びがよりスムーズに、楽しくなりました。

アクセサリーの記事はこちらも参考に:
見渡せる!持ち運べる!気軽に使える! 100均の連結クリアケースを使ったイヤリング収納
とにかく軽い!糸のピアスで実現した“頑張らないおしゃれ”の楽しみ方とアクサセリー収納法
定位置に戻せないアクセサリー収納は、つける・はずすタイミングから考えるとうまくいく!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 南方佐知子
ブログ : 古くても狭くても一緒に見つける家ごこち


メンバー紹介
手放し先リスト
衣替え