カーテンの買い替えにまつわる3つの「困った」をニトリで解決!引っ越しも模様替えも怖くない

おはようございます。
ライフオーガナイザーの会田麻実子です。

引っ越しのたびに家にあわせて買い替えることの多いカーテン。買い替えのたびに感じていた計測・手放し方といった3つの困りごとをニトリのサービスと商品で、一気に解決できました。

カーテンの買い替えにまつわる3つの「困った」をニトリで解決!引っ越しも模様替えも怖くない

■困った①カーテンの採寸を一人でするのが難しい

カーテンの採寸を一人でするのって、意外と難しいですよね。以前カーテンの計測を夫に一人でしてもらったら、まさかの10cm以上寸足らず! セミオーダー品で返品もできず、困ったことがありました。

それ以来、わが家では「カーテンの計測は一人ではしない」がルールに。そんなときニトリのカーテン売り場で無料配布されている「カーテン採寸メジャー」に出会いました。これが痒いところに手が届く、いいアイテムだったんです。

困った①カーテンの採寸を一人でするのが難しい

ポイントは、メジャーの片側にフックがついていることです。採寸するときは、フックをカーテンのランナーに引っ掛けて下にまっすぐ伸ばすだけ。3mまで対応しています。横幅もレールの一番端にある輪っかにフックをかけて、反対側にピンと張るだけで一人でも簡単に採寸可能。

困った①カーテンの採寸を一人でするのが難しい

さらにニトリで扱っている既製品の丈が書いてあるので、どのサイズを選べばいいかひと目でわかる上、紙製なので、測りながらメジャーに直接メモできます。見間違いや書き間違いをしにくいところも便利だなと感じています。

困った①カーテンの採寸を一人でするのが難しい

家族で協力して計測をするのも悪くはありません。けれど一人でサクサク計測できるのは、思い立ったが吉日タイプの私にピッタリ。必要なときにいつでも使えるように、手元に保管しています。

■困った②古いカーテンでも捨てるのがしのびない

わが家は1年半前に今の家に引っ越してきたのですが、窓の大きさと数が大きく変わり、カーテンをすべて変えました。旧居で使っていたカーテンはセミオーダーで今後使う可能性はほぼないだろうと思いつつ、そのまま捨てるのはしのびない……。どうしたものかと困っていたときに、ニトリの店舗でカーテンの無料回収をしていることを知り、利用することにしました。

困った②古いカーテンでも捨てるのがしのびない
画像引用元:ニトリネット

回収したカーテンは製品や生地素材としてリユースされたり、自動車の断熱材としてリサイクルされたりするのだそう。ゴミになる以外の未来があることを知って気持ちが軽くなりましたし、販売元や状態に関わらず回収してもらえることで持ち込むハードルが一気に下がりました。

カーテン回収の流れや、持ち込み対象・条件の詳細はニトリのウェブサイトから確認を:
>>>【ニトリのサステナビリティ】カーテン回収の取り組み|ニトリネット

■困った③引っ越しのたびに買い換えるのがもったいない

リユース・リサイクルが可能だとしても、引っ越しのたびにカーテンを買い替えて回収サービスを利用するのは、なんとなく気が引けます。しかも今の家はそう遠くない未来に転居するつもりでいるため、カーテンを新調するのはもったいない気が。

そこでニトリの「マルチ クリップランナー」を使って、手元にあったフリークロスやフラットシーツをカーテンとして使うことにしました。

困った③引っ越しのたびに買い換えるのがもったいない

それらしい布ならなんでもカーテン代わりにできますし、他の用途に使いたくなったらすぐに取り替えられます。模様替えも思い立ったらすぐにできそうな、気軽さがいいなと感じています。

ライターこすぎも、「IKEA」のシーツをカーテンとして使っているそうですよ:
>>>転勤族のカーテン問題を解決!IKEAのシーツをそのまま吊るすだけのカーテン代用法

カーテンの買い替えにまつわる、さまざまな困りごと。ニトリのおかげで一気に解決することができました。次に引っ越しをするときには、カーテンのことで迷いを感じることなくこれまでよりラクに乗り切れそうです。

カーテンにまつわる困りごとの解決法はこちらにも:
インテリアの雰囲気を手軽にチェンジ! 面倒くさいカーテンの掛け替えを楽にするコツ
専用グッズの代用にダブルクリップが優秀! ストッパーやカーテンクリップになる使い方アイデア
時短効果も!カーテン開閉の自動化で朝夕の家事の負担が一気に解消

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー会田麻実子
ブログ:小さく暮らす。

メンバー紹介
手放し先リスト
片づけのプロの部屋干し対策