お風呂は1階?2階?洗濯動線から考えるベストポジション


おはようございます。
ライフオーガナイザー/一級建築士の和田さや子です。

水回りは1階に集中させるのがベストと言われていますが、実は思い込みかもしれません。ユニットバスが普及したおかげで、戸建住宅でも2階にお風呂を持ってくることが容易になりました。

2階にお風呂があるメリットについて、今回は考えてみたいと思います。

お風呂は1階?2階?洗濯動線から考えるベストポジション

■お風呂が2階にあると間取りに無駄がなくなる

戸建て住宅を建てるとき、建築コストがいちばんかからないのは、1階の面積と2階の面積が同じ“総2階”というスタイルです。外壁や屋根に凹凸がないので、その分安くなるのです。

お風呂などの水回りを1階に集中させて、さらに1階も2階も同じ床面積にしようとすると、間取りがアンバランスになることがあります。

お風呂は1階?2階?洗濯動線から考えるベストポジション

お風呂と洗面脱衣室を合わせて4畳分ほど必要なので、リビング・ダイニングなどの他のスペースにゆとりがありません。もちろん、その分2階の間取りにはゆとりが出ますが、家族がいちばん長い時間を過ごすスペースが狭くなるのももったいない気がしますね。

お風呂は1階?2階?洗濯動線から考えるベストポジション

2階にお風呂を持っていくと、その分LDKが広くなったり、パントリーなどの収納スペースをしっかりと確保したりすることができます。1つめのプランと同じ床面積ですが、その差は一目瞭然ですね。

■お風呂が2階にあると洗濯動線がシンプルになる

お風呂が2階にあると、一緒に洗面脱衣室も並ぶことになります。

洋服を脱ぐ(洗面脱衣室)

洗濯をする(洗面脱衣室)

洗濯を干す(バルコニー)

洗濯をしまう(クローゼット)

お風呂は1階?2階?洗濯動線から考えるベストポジション

洗濯動線が2階で完結するので、1階に洗濯物がおりてくることがありません。

リビングのソファでゆったりと過ごそうと思ったら、洗濯物が山盛り!せっかくたたんでも、2階に持ってあがるのが面倒で、ついつい置きっぱなしになりがち……、そんな、洗濯のお悩みにも効果があります。

■お風呂が2階にあるデメリットもあります

お風呂が2 階にあるメリットを書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。ぞれぞれのデメリットの対策法を考えてみましょう。

・洗面脱衣室が2階にあがることで、1階に手洗いスペースがなくなる

玄関ホールに手洗いカウンターがあると、帰宅してすぐに使えて便利。来客にも対応可

・キッチンと洗面脱衣室が遠いので、家事動線は長くなる

階段のすぐ下にキッチン、階段上がってすぐに洗面脱衣室をもってくることで、動線を最短にする

・漏水が心配

あらかじめ点検口をつけておく

・老後が心配

ライフプランを考えて、老後は住み替えもあるかも

いかがでしょう。2階にお風呂があることでうまれる“ゆとり”は見逃せませんね。家づくりの参考にしていただけると嬉しいです。

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

洗濯動線をもっと楽にする関連記事:
洗濯の負担はもっと減らせる! 洗面所での室内干しで洗濯動線0メートルに
IKEAのハンガーレールをドアに取りつけ!収納場所の新たな可能性
取り込んだ洗濯物の“置きっぱなし”を防ぐ3つのポイントとは

LINEでの情報配信を開始しました!
ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

一級建築士/ライフオーガナイザー 和田さや子
ブログ:建築士×ライフオーガナイザー®と建てる“忙しくても片づく家”