これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します


おはようございます。
ライフオーガナイザーの森麻紀です。

キャップレスの商品がいろいろと発売されていますが、家にあるもののキャップも、はずしてしまえば同じくキャップレス!キャップがなければ、“取る”ひと手間が省けるだけでなく、“落とす・転がる・なくす・探す”そんな手間もなくなります。

「キャップなしのほうが使いやすい!」と実感している、わが家のキャップレスにしたものをご紹介します。

■基礎化粧品のキャップがなければすぐに保湿ができる

洗顔後やお風呂あがりは、「できるだけ早く保湿したい!」という人も多いのではないでしょうか? キャップをはずしてプッシュするタイプの化粧品なら、そのキャップをはずすだけで、“ひと手間”減らすことができます。化粧水・乳液・美容液の3個のキャップをはずせば、3回の手間が減るというわけです。

これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します

キャップをはずさずに使っていたときは、はずしたキャップを床に落としてしまって、それを探すこともよくありました。しかも化粧品のキャップなので、ほこりの多い洗面所の床に落ちたら、“キャップを洗う”という手間も増えてしまいます。

それ以外にもこんなことがありました。キャップがあったせいで、なんと化粧品の中身が飛び出してきたのです!

これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します

あまりない構造だとは思いますが、キャップの内側が二重になっていて、キャップをした瞬間にこの内側の部分にプッシュする部分があたり、中身が飛び出てきてしまったのです。キャップをはずすようになってからは、そんな心配もなくなりました。

■スプレータイプの醤油、油ひきのキャップをなくして調理を時短

冷蔵庫のドアポケットに入れている、「スプレータイプの詰め替えボトル入りの醤油」。購入当初はキャップをつけていたのですが、キャップがついていると、ついついキャップの部分を持って取り出してしまいます。しっかりと閉まっていないときは、ボトル本体が床に落ちてしまうことも……!

これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します

この醤油は、2~3日に1回以上は使うので、ホコリの心配もありません。

こちらの「油ひき」も、キャップをはずして使っています。ブラシの部分は下を向いていますし、引き出しに入れているので、ほこりよけとしてのキャップは必要ないと考えました。

これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します

実際に使ってみると、引き出しを開けて取り出せばすぐに使えるので、とても調理の流れがいいです。

■ハンコのキャップをなくして、宅配の受け取りをスムーズに

玄関に置いているハンコ。シヤチハタのキャップをはずし、名前面を下にして、「無印良品の白磁歯ブラシスタンド」に立てて入れています(完全に下までは入りません)。

これも時短!? キャップをはずした状態で使えば「手間」は激減します

手に取ればすぐ押せる状態なので、宅配伝票に押すときもスムーズでとても便利です。この状態で6年使用していますが、乾燥などもなくインク切れもまだしていません。

小さなことですが、家の中にキャップのあるものは意外と多いもの。キャップをはずすだけの簡単時短術は、手に取ってすぐに使える快適さだけでなく、キャップをなくす心配も、探すイライラもなくなりました。

手間を減らして時短にするアイデアはこちら:
ピンチハンガーが面倒くさい!人のための、洗濯物干しが楽チンになる時短テク
時短!さらに食事の満足度までアップ!配膳トレイの効果がすごい!
【雛人形収納】箱を変えるだけで、出し入れの手間と時間を半減!!

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 森麻紀
ブログ : 今の暮らし これからの生活 ~「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~