増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ


おはようございます。
賃貸2LDK集合住宅に住む共働きライフオーガナイザー金田友美です。

おまけや付録やガチャガチャなど、次々と増える子どものおもちゃ。年齢が上がるにしたがって、好きなキャラクターのグッズもどんどん増えてきました。わが家は子ども部屋がなく、リビングにおもちゃコーナーを用意していますが、リビングを侵食する勢いで増え続けるおもちゃと、すっきりリビングの両立をすべく、日々格闘しています。

本日は、そんなわが家で実践している、スッキリリビングを実現するおもちゃの収納・ディスプレイアイデアを紹介します。

増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ

■ こまかいおもちゃはプラ容器に入れて見せる収納

お菓子やバスボムについてくるおまけや、つい出先でしてしまうガチャガチャの景品など、子どものおもちゃは本当にこまごましたものが多いですよね。

増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ

わが家には6歳の男児がいるのですが、喜ぶ顔が見たくて、一時はこのこまかいおまけを棚に飾っていました。子どもは喜ぶものの、埃がたまって掃除が大変だし、統一感がなく、ごちゃつきがちで見た目にもあまり美しくありませんでした。

といって、目のつかないところにしまってしまうと、親子で存在を忘れてしまいそうです。そこで、100均で購入できるプラスチックの容器に、まとめて収めることにしました。

増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ

子どもは何が入っているか一目でわかり、遊ぶときにばらまいて散らかしたとしても、片づけも簡単になりました。持つ量も、「ここにはいるぶんだけ」と決めたので、むやみに欲しがることが減り、もの選びが以前より若干慎重になったような気がします。

■ キリがないキャラものは消耗品でお互い満足

子どもが大好きなキャラクターグッズ。おもちゃはもちろん、衣類、日用品などありとあらゆる種類があって、欲しい気持ちのままに集めてしまうのは、空間もお金もキリがありません。

しかも、子どもの興味の移り変わりはとても早く、少し前まで夢中だったキャラクターに目もくれないこともよくあります。いつ興味の対象が変わるかわからないものを、たくさん購入することは避けたい、けれどお気に入りを使いたい気持ちはわかります。

そこで、まずはおもちゃや衣類ではなく、絆創膏やふりかけ、テッシュなどの消耗品で様子を見ることにしました。

増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ

お気に入りのキャラクターグッズが使えて子どもは満足、ものが増えることなく私も満足です。

■大物はあえて一等地において親子で楽しむ

子どもの「好き」が定まってくると、ものが加速度的に増えがちです。なかでもわが家の場合は、好きなキャラクターのぬいぐるみ類が増える傾向にあります。

先日は、なかなか会えない親戚から、プレゼントで大好きなキャラクターの大きなクッションが届きました。息子は大喜び、私はありがたく思いながらも「どこに飾ろう?」と悩んでしまいました。

結局、プレゼントのクッションは、ソファに飾りました。期間限定と子どもに念を押して、わが家のリビング一等地に設置です。

増えるおもちゃとすっきりリビング 子どもが納得してくれる両立アイデア3つ

こまかいものをたくさん置くよりも、思いきって大きいものを置くほうが、片づけやすく、子どもの満足感も大きいようです。さらに、お気に入りのものがあるお気に入りの場所になるので、子どもが意識して片づけるようになりました。

お休みの日は一緒にクッションを抱えて、アニメ鑑賞が親子のお気に入りの時間です。

おもちゃの片づけアイデアはこちらも参考に:

増えすぎたおもちゃを、どうにかしたい!片づけのプロが実践する「おもちゃの見直し」テクニック

おもちゃだらけの学習机もスッキリできる!親子でイライラしない片づけ方

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 金田友美
ブログ : it’s cozyわたしのすきなくらしかた


クリスマス