ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー


おはようございます。
ライフオーガナイザーの下川美歩です。

わが家では、同じハンガーを洗濯干しとクローゼット収納で使い回しています。干した洗濯物が乾いたら、そのままクローゼットにしまえて、とても便利。ところが、息子たちが大学生になると、ハンガーがうまく回らなくなってきました。

ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー

■戻ってこなくてケンカになるなら増やしてみよう

おしゃれを楽しむようになって、服が増えた息子たち。トップスをすべてハンガーにかけていますが、空になったハンガーをなかなか洗濯干し用に戻してくれません。

ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー

そのせいで、朝、私が洗濯物を干そうとすると、ハンガーが足りません。イラっとした私は息子に向かって「ハンガー戻して!」。注意された息子はイラっとして「今じゃなきゃだめ?」と言い返してきます。勝手に部屋に入るとケンカになるし、朝からケンカすると時間がもったいない。

そこで、ハンガーを20本ほど買い足してみることにしました。ものが増えると管理が面倒ですが、朝からケンカするくらいならハンガーを増やしたほうが効率的だと思ったのです。

■洗濯ワイシャツハンガーは、大量づかいにぴったり

息子用のハンガーは、「ニトリ」の「洗濯ワイシャツハンガー」。同じものを買い足しやすい定番商品です。

ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー

軽くて、干した洗濯物を移動するのがラク。薄くて場所をとらないので、クローゼットにたくさんかけられます。価格は、なんと10本組199円とコスパ抜群! 大量づかいにぴったりなハンガーです。このハンガーを増やしたおかげで、朝のケンカがなくなり洗濯干しがスムーズになりました。

■大量にあってもスッキリな洗濯ハンガーの収納法

現在、わが家の洗濯ワイシャツハンガーは90本。本数に余裕があるので、イラっとすることが減り、気持ちにも余裕ができました。親子とも機嫌のよいタイミングで、「ハンガーを戻してくれる?」と声をかけられるように。

ただ、まとめて戻ってくると、洗濯干し用ハンガーが大量になることもあります。そんな大量のハンガーの収納場所は、洗濯機横のファイルボックスです。

ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー

手持ちのファイルボックスだと、ぴっちり18本入ります。これなら、見た目すっきりです。ファイルボックスに入りきらないときは、洗濯機上の物干しさおにかけています。出しっぱなしでも、白くてシンプルなデザインのおかげで、見た目のストレスがありません。

ハンガーが足りない!親子のイライラを解消するニトリの洗濯ワイシャツハンガー

「ものは少ないほうがいい」と言われることがあります。しかし、今回、ハンガーを増やしてみて「少ないことが正解ではない」ことに気づきました。これからも家事がうまく回らないときには、わが家にとっての最適な数を考えてみようと思います。

ハンガーに関する記事はこちらにも:
【無印良品】そのまましまえるハンガーで、洗濯の家事ストレスを軽減!
「干す」と「収納」兼用で手間もスペースも節約! 5人家族、室内干し派の洗濯グッズ
ハンガーに求めるものは? 実際に使ってみてわかったハンガー3種類のメリット・デメリット
滑らないハンガーは「マワハンガーのエコノミック40」一択。その理由とは?

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 下川美歩
ブログ : 自分を変える、暮らしが変わる!


メンバー紹介
手放し先リスト
衣替え