ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法


おはようございます。
ライフオーガナイザーの下川美歩です。

キッチンからもダイニングからも手が届くキッチンカウンターは、とても便利。でも、置きっぱなしが増えてくると、使いにくくなってしまいます。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

わが家では、一度片づけても、またちょい置き。それが置きっぱなしになって、物置化してしまうことがありました。

■配膳の邪魔でなければちょい置きしてもOK

実は、ちょい置きしているのは私だけ。キッチンカウンターは、帰宅時に手に持っている郵便物や買ってきた食材など、置くのにちょうどいいのです。でも、置いていくうちに使いにくくなってくる。そこで、「私はキッチンカウンターをどう使いたいのか」を考えてみました。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

優先したいのは、配膳です。ガスコンロからダイニングテーブルまで、キッチンを出てぐるっと回ると10歩、そのままキッチンカウンターに置けば0歩。キッチンカウンターに置いたほうが、断然楽ちんです。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

子どもたちが大きくなり、家族の食事時間はバラバラ。配膳には、一人分のスペースを確保すれば充分です。配膳の邪魔にならない残りスペースは、ちょい置きしても大丈夫なことがわかりました。

■ちょい置きしてもいいものを2つにしぼる

ただ、何でも置いていいとなると、すぐに置きっぱなしになりそうです。そこで、ちょい置きしてもいいものを2つにしぼることにしました。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

1つめは、賞味期限が近いパンやお惣菜など、家族に早く食べてほしい食材。目につきやすいキッチンカウンターに置けば、食べ忘れがありません。家族それぞれが好きなタイミングで食べていくので、すぐになくなります。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

2つめは、郵便物やプリントなど。私がすぐに対応したいものだけを置くことにしました。内容を確認した後は、処分または他の場所で保管します。

■トレイと避難場所があれば邪魔にならない

溜めやすい郵便物やプリントはトレイに乗せることにしました。トレイで区切ることで、配膳のためのスペースを確保できます。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

深さのあるカゴだと重なって下になったものを忘れがちですが、浅いトレイなら下に隠れることはありません。

さらに、カウンター下を避難場所に。家族みんなで食事をするときなど配膳の邪魔になりそうなときは、カウンター下に置いた本棚との隙間にトレイごと移動します。

ついつい散かるキッチンカウンターを物置にしない。上手にちょい置きする方法

カウンター下に入れたままにすると忘れてしまうので、またトレイごとカウンター上に戻すことにしています。

キッチンカウンターに何も置かないスッキリ空間にも憧れますが、私は楽ちんのほうが大切。配膳の邪魔にならなければ、ちょい置きもOKでいこうと思います。

キッチンカウンターの活用法はこちらにも:

散らかりがちなキッチンカウンターはエリア別に使い分け!置く場所を決め作業効率アップ

キッチンカウンターとダイニングテーブルがゴチャゴチャ!救世主はカウンター下収納でした

トレイを収納に活かそう!定位置が決まるから、片づけやすくて便利です

あなたは生み出された時間で何をしますか?
何をしたいですか?

心地いい暮らしづくりに役立てれば嬉しいです。

ライフオーガナイザー 下川美歩
ブログ : 自分を変える、暮らしが変わる!


鍋